忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

御徒町「新竹」で旅人さん達とわいわい忘年会

台風のためにお流れになっていた9月の飲み会。
今月になって、ようやくみんなの都合がついての再集合。
場所はオールアバウトやboneoriさんのところで美味しそうだった「新竹」
ローカル色満載のお店に皆さんたじたじでしたが、
そこはあちこちで経験豊富な旅人さん達のこと、
ほとんどの方が初めての台湾料理に興味津々の様子。
まずは前菜の三菜盛りを待っての乾杯。
どれもしっかりめの味付けで、早くもビールが進む~~~
c0110550_2302697.jpg

台湾そのもののメニューから、何を頼もうかわいわいしてたら
「うちのお店は客家料理なんですよ~」とにこやかにお母さんが登場。
オススメだと言うお料理を含め、何品かお願いしてみました。
セロリのシャキシャキな歯ごたえが美味しい
芹菜とイカの炒め物、マストです。
c0110550_2394876.jpg

ぷりぷりの大粒カキとこっくりした豆鼓の炒め物。絶品です!
旬のカキがほんとうにジューシーで滋味深いお味。
c0110550_23131986.jpg

お母さんのイチオシ金針花の蕾の炒め物。
黄色いお花が入ったスープは頂いた事がありましたが、
炒め物はお初でしたー!どんな味なんだろう~
くせはほとんど無いんだ~これもシャキッとした歯ざわりで、
優しい味付けが美味しさを引き立たせてます。
日本のニッコウキスゲの仲間であることに、
高山植物に詳しい皆さんも驚いている様子です。
だからって、山で取っちゃあダメダメですよ~~~(爆)
c0110550_231611.jpg

これまた基本の空心菜炒め。
最近は日本のスーパーでもポピュラーになりましたが、
皆さまなじみ薄でしたかね~味はやはり好評で、減りも早かったような?
c0110550_23162861.jpg

さてさて、旅の話や「鉄」の話題とマニアック度も白熱し
さくさくとなくなって行くお料理たち。
一同、2度目のオーダーを真剣に検討の図。
c0110550_23172969.jpg

M田氏の願いも空しく、多数の意見が一致して「トマトの卵炒め」
トマトにからんだ卵の火の入り方が絶妙のとろりーん具合!
おいしい!おいしい!の大合唱でしたが、もくもくとトマトを除けている人が一名。
お皿が空いた所をみると、まんざらでもなかったのかな?
c0110550_2318169.jpg

だからってM田さん、何故客家料理のお店でマーボー豆腐を?
おいしかったから、まぁいいか~~~
c0110550_2319398.jpg

自家製と思われる皮がむっちり水餃子。中にはジューシーな餡がみっちりです。
暖かいうちに~と、次々と手がのびるのびる。
c0110550_23203362.jpg

台湾と言えば~の、そぼろ肉飯。
お肉のおつゆがご飯にしみしみで、台湾の屋台にいるような気分まで味わえます~。
c0110550_2321697.jpg

そして、新竹と言えばあれですねー!
「炒米粉」
戻し方が上手いんでしょうか、まさか生米粉?と疑うような
もともちした超美味な米粉&歯ごたえ良く火の通った野菜に、
お肉と干しえびのいいダシがちょうどよいオイリー具合でからんで、
それはそれは美味しい一皿でした。
c0110550_23214297.jpg

神奈川方面の方をはじめ、皆さんお疲れさまでした。
まだまだ話もつきませんでしたが、
年を改めてまた東京でわいわい集まりたいですね~!
[PR]
by ilformosa | 2007-12-04 22:27 | うまうまの記録