忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

福島の使えるイタリアン「アンジェロ」

「ままどおる」で有名な三万石がプロデュースしているイタリアン「アンジェロ」
その中でも、ふぐすま福島方面に行く時の9割くらいは
西道路の「アンジェロ・ドォーモ・ドォーモ」でランチ。
本日も帰省の途中でちょいと寄り道です。
c0110550_22422643.jpg

早速ボードのメニューにひとめ惚れ。
c0110550_22425355.jpg

いつ来ても、安定してソツが無く美味しいこのお店。
軽くて優しい味付けで、誰にでも受け入れやすいお料理の数々。
季節によって目新しいメニューにも出会えるので
待っている時はいつもわくわくするのです。
c0110550_22505473.jpg

サラダの生ハムは、
色々な葉モノと一緒に頂く事で塩味と風味が一層引き立ちますねぇ。
c0110550_22353567.jpg

セットでは飲み物の選択肢も豊富。ビールもOK!なのですが、
爽やかな甘さで美味しいブラッドオレンジの誘惑には勝てなかった!
c0110550_2236310.jpg

笑顔を絶やさない若いスタッフはみんなきびきびと良く動き、
お料理の出るタイミングが早すぎず遅すぎずというのも和めるポイント。
待っている時間も気にならない頃合で出てきたのが、
c0110550_22434262.jpg

蟹のピツッア。
2人で一枚を頂きます。
c0110550_22362080.jpg

蟹とチーズのコンビネーションが飽きない美味しさで、
カリカリのクリスピーなピッツア(言いニクイぞー)は
あっというまにお腹に納まってしまいました。
c0110550_22365335.jpg

ぷりぷりしたエビとブロッコリーがザクザク入ったスープ仕立てのパスタ。
チビッコちゃんでも安心なマイルドで優しい味付けはさすが三万石。
さらっとしていたので明太子が沈んでしまっていたのが何とも残念!
もう少しトロ~ンとしたクリーム仕立てでも良かったかなぁ~
c0110550_22382728.jpg

大きくて柔らかなタコがゴロゴロ顔をのぞかせるトマトパスタ。
トマトソースは濃厚ですが軽い仕上がりでとても爽やか!
香りと風味を添えるニンニクも、いい仕事してますね。
美味しくて、老公のをほとんど取り返して食べる私。今年も鬼嫁街道ばく進中です。
c0110550_22391037.jpg

アンジェロの楽しみといえば、食後のスイーツ。
お皿のキャンバスを彩るフルーツと
ナッツの香ばしさがアクセントのなめらかアイス。
まろやかでリッチなチョコレートムースにベリーのソースがとても良く合います。
期待を裏切らないひと皿に大満足。
c0110550_22454339.jpg

ごちそうさまでした~!
毎回コストパフォーマンスの高さにはビックリ!!
次はいつ来れるのかなぁ・・・と、待ち遠しくなるまさに「THE福島の良心」
c0110550_22455930.jpg

レストランの下には三万石を始めパンやケーキのショップもあり、
c0110550_224785.jpg

美味しいと評判のパンをいくつか購入してみました。
ちなみに、ここのラスクも非常にオススメです。
お値段も100円~150円のゾーンとこれまた超良心的。
なのに、どれも丁寧に作られててすごく美味しいーー
ぎっしりつまったコルネのカスタードクリームも、
ツブツブバニラ入りの本格派なのです。
c0110550_22473319.jpg

中でもオリーブ入りのフォカッチャと、モチモチした食感のコロンと丸いパンは、
もうストライクど真ん中☆でしたので、絶対また買うリスト入り決定!
c0110550_22475299.jpg

さて、そんなランチと組み合わせた温泉は新菊島と迷って久々のこちら。
決して女子仕様のお風呂ではありませんが、泉質はぴかイチ!
広くてそっけない浴槽には、ぬるっとした黄色っぽいお湯がザーザーとかけ流し。
いつまでもつかっていられる「ぬるくてステキ湯」
気持ちよすぎてうっかり30分近く寝ちゃってました。
アブナイアブナイ!浴槽は浅めと言えども、おぼれないように気をつけようっと。
c0110550_22531361.jpg

[PR]
by ilformosa | 2007-12-30 22:28 | うまうまの記録