忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

連休の旅は山形 その2 節約スタイル炸裂~

さてその翌日は、実家を基点に宮城の鳴子~山形の最上方面に
ドライブがてらの1泊旅行。
c0110550_21395531.jpg

鬼首は雪深いためか桜がちょうど満開。
c0110550_20585437.jpg

期待していなかった上に、キレイな紅枝垂れと来れば感動も大きい!
c0110550_2103238.jpg

鬼首に寄ったのは、こちらの有名な絶景露天風呂に入りたかったから~
(新緑も美しいお風呂、残念ながら撮影はおことわりでした。)
c0110550_2105533.jpg

温泉のあとにはご飯ご飯♪
道の駅で仕入れたお弁当、どこで食べよっかな~と車中からロケハンです。
・・・すると・・・
目に飛び込んできたのは、遠く鬼首スキー場を背景に青々と広がる公園の芝生!
c0110550_2133141.jpg

ぐるりと公園を囲む桜の花が、こちらでも今を盛りと咲き誇っています。
c0110550_2135387.jpg

ここで食べずにどこで食べるのか!!
c0110550_2141776.jpg

満開の桜の下では、素朴なおかず乗っけ盛弁当も美味しさ倍増~!
c0110550_2163664.jpg

宮城での「花より団子」はローカル色溢れる「くるみとずんだ」。
ずんだの鮮やかな緑色には、新緑もかすんでしまいそう。
c0110550_218154.jpg

せっかくなのでちゃんとお茶で食べたくなり、宿へのお持込となりました。
それぞれくるみと枝豆の風味を生かした控えめな甘さでオイシイ!
c0110550_219511.jpg

鬼首からは鳴子方面へ一旦戻る形で最上まで。
このエリアは川渡・東鳴子・鳴子・中山平・赤倉・瀬見・・・と、
温泉好きにはこたえられない一大温泉地帯なのです。
c0110550_21123299.jpg

本日泊まる、「おらだずの宿 りんどう」もお風呂は温泉。
しかも公営なので、1泊朝食付で2700円(1人)とリーズナブルなのが嬉しすぎる♪
自炊用の施設も完備なので、共同冷蔵庫で持ち込みビールを冷やすのもOKです。
c0110550_21125654.jpg

川に面した気持ちのいい畳のお部屋も、2人だと広すぎるくらいでした。
夜にはカジカの鳴き声が聞こえてくる静けさで、本当にくつろげる~
c0110550_2113216.jpg

宿で夕食をつけなかった大きな理由は、
またまた行きたいお蕎麦屋さんがあったから~(どんだけ蕎麦好きなんだか・・・)
c0110550_21134340.jpg

荷物を置くと、早速お蕎麦屋さんがある次年子まで。
その雪深さから、冬に生まれた子供の届出は翌年になってしまうと言われる「次年子」
この地区も蕎麦好きにはたまらない激戦区でしょう。

中でも大のお気に入りがこちら。
c0110550_21145058.jpg

メニューは煮物と漬物がついたお蕎麦のみというシンプルさです。
この赤カブのお漬物は、ちょうどイイつかり具合~!
巨大キクラゲを薄味で煮たのも、独特の歯ごたえで後をひきまくりでした。
c0110550_21151325.jpg

お蕎麦が来る前にお腹一杯になってしまうので、セーブしつつ待っていると・・・
お母さんが持って来てくれたのは、
ソバの旨みをぎゅっと閉じ込めた端正な太めの手打ち蕎麦。
辛み大根のつゆでつるつる~っと、何杯でもいけるんですー!
(実際食べ放題なので何杯も食べられるのですが・・・)
c0110550_21154587.jpg

あー、美味しかった!!ごちそう様~!!
c0110550_2116495.jpg

いくら何でも5杯は食べ過ぎなのでは!?

・・・さすがにこれは2人の合計でした~
ここは盛りもイイので、老公3杯、私は2杯が限界・・・

すっかり大満足で、夕暮れせまる最上町をゆるゆる宿まで戻りました。
c0110550_21162391.jpg

宿の温泉では、さらりと肌なじみも良く柔らかいお湯を独り占め。
はぁ~~~、しーあーわーせ~~~♪♪
c0110550_21164462.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-04-30 16:55 | その又奥の細道~みちのく旅