「ほっ」と。キャンペーン

忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

お休みの日、朝寝坊したら遠出するにはちょっと遅い時間。
外はお天気だし、どこかでランチでもしたいなぁ・・・
そんな時真っ先に思い浮かぶのが、船堀駅にほど近い「ソウル村」
土日もOKのランチセットに、なん皿かついてくる韓国式のパンチャン(おかず)が
思いのほかといっては失礼なほど美味しい。
やわらかいピリ辛さば味噌煮など、これでご飯一杯が頂けるくらいなのです。
c0110550_2213391.jpg

韓国家庭料理とあるように優しいお味で食べ飽きないので、
何とかのひとつ覚えと言われても毎回同じモノを頼んでしまいます。
おかずをつまみながら待っていると、まず来たのがあつあつのユッケジャンクッパ。
とき玉子効果なのか、お肉の旨み溢れるスープのお味を消さないマイルドな辛さ。
辛いものが得意ではない老公も、これは大のお気に入り。
c0110550_222541.jpg

そして、パチパチという音も香ばしく運ばれてきたのが石焼ビビンバ。
石鍋の中には韓国の食で基本とされる五味五色
(五味は塩味・甘味・酸味・辛味・苦味、五色は赤・緑・黄・白・黒)が炸裂!
c0110550_2225283.jpg

ほんとうに崩すのが惜しいのですが、お作法ですのでここは豪快かつ徹底的に
混ぜる&混ぜる&ひたすた混ぜる作業に没頭。
(韓国では、混ぜ方が足りないとダメだしされる事があるらしい・・・)

こんな感じでどうでしょう?

c0110550_223436.jpg

で、ようやくひと口。  
 ・・・おいすぃ~♪
渾然一体となったナムルや玉子の味と食感。ふわっと広がるごま油の香り。
そこにパリッと香ばしいおこげが加わって、「混ぜ」のパワー全開の美味しさです。
ちょっとコチュジャンを加えたりスープを入れたりして、お味に変化をだすのもまた良い。

この界隈では貴重な味・値段・現地のような雰囲気(ハングルが飛交ってます)
の三拍子が揃ったお店。
暑くなったら、次こそ冷麺食べに行かなくては!
c0110550_2232467.jpg

※ソウル村 江戸川区船堀4-8-3  03-3877-9784
        定休: 第1・第3水曜日  営業時間: 11:00 - 24:00   
                               (西葛西にも支店あり) 
[PR]
by ilformosa | 2008-02-25 21:57 | 食べ歩き江戸川・江東
友人と晩ご飯をご一緒しましょう~と約束したのが、
お互い美味しいお店の情報がよく分っていないエリア。
さあて・・・こんな時はどうしましょう?
無難な路線かな?と、チェーン店ではありますがサルバトーレクオモという、
ナポリピッツアのお店を選んでみました。外観はさすがにオシャレ~
c0110550_23264467.jpg

ナントカの一つ覚えと言われましても、
イタリアンでははずせないブラッドオレンジを飲みながらオーダー会議。
c0110550_23274787.jpg

旬が気になる野菜作りはもはやプロ級のCちゃん、予感が的中です。
マリネ風であっさりしたトマトサラダ、悪くはないのですが
トマトの美味しい季節に頂いたらもう少し違った印象だったかも。
c0110550_23295491.jpg

数ある中から、ピザはCapricciosa( 気まぐれピッツァ)
トマト・キノコ・アーティーチョーク・プロシュート・モッツァレラ・バジルと
具の種類も多く、とにかく迷った時はコレ!な万能選手と言えましょう。
ここのはもっちりとしたナポリ風。食べ応えもバッチリです。
c0110550_23281762.jpg

お喋りするにも、ピザって邪魔にならなくて便利。
おっととと・・・
うっかりするとチーズがとろり~んとこぼれるのが要注意なのですけどね~
c0110550_23291181.jpg

焼き目も香ばしいソースはポルチーニの風味全開!
ペンネのこういう食べ方は初めてでしたが、
この時一番美味しかったです。
c0110550_23305086.jpg

話しても話題が尽きず、別バラタイムに突入する私たち。
ショーケースで目立っていたモンブランと、
c0110550_23311453.jpg

定番のティラミスを前にして、別な話題へとさらに展開。
今宵はこのくらいで、また次回場所を変えてお会いしましょう~と、
美味しいものを頂く機会が増えて嬉しい帰り道なのでした。
c0110550_23313025.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-21 23:27 | うまうまの記録
下田から今夜の宿がある熱海に移動。
c0110550_22503537.jpg

この界隈で何が嬉しいかって、
飽きるほど電車と平行して走れる事なんですねぇ~(鉄子限定の楽しみですが)
c0110550_2254681.jpg

熱海ではうす桃色の枝垂れ梅がちょうど見頃です。
c0110550_2058897.jpg

・・・といっても、お部屋のすぐ前のお庭のですが。
c0110550_2120975.jpg

この時点の熱海梅園はまだ見頃よりちょい早めという事で、ちら見のみ。
(なんだかこの旅はそんなのばっかだよ・・・)
そういう事なら話は早い。お昼は当然うまいものの宝庫「小田原」へまっしぐらー!

毎回同じ所というのもどうなのか・・・と駅の周りをうろちょろ。
大勢のお客さんが次々に入って行くのと、
どっしりした歴史ある建物が前々から気になっていた、
こちらの「寿庵」というお蕎麦屋さんへ。
c0110550_2105063.jpg

1階は満員なので2階のお座敷へと案内されたのですが、
なんと大正時代の建物だったのですねぇ~
内部も時代がかった作りで、下足箱などは思わず見入ってしまうくらいの逸品。
c0110550_20585195.jpg

さて、どんなお蕎麦かな~の期待を込めて頼んだ「もり」は、
細打ちで上品なお蕎麦。量は多めなのが嬉しい。
c0110550_2113536.jpg

小田原といえば・・・のカラフルなかまぼこがかわいい「おかめ」
もりの返しもそうですが、鰹の旨みたっぷりのお出汁が美味しいお蕎麦でした。
c0110550_2111430.jpg

メイン?の後・・・と言えばスイーツ。
岡西のジャンボおはぎも捨てがたいのですが・・・
(ちなみにここで一番好きなのはきなこのバージョン)
c0110550_2115431.jpg

せっかくこの時期の湘南に来たので、厚木まで足を伸ばさない訳には参りません。
地図を頼りにようやくと言うかほとんど執念で探し当てました遠藤園芸さん。
c0110550_212199.jpg

ちょうどお店の方がいらして、すんなりゲットした無農薬の真っ赤な苺。
小ぶりながら、甘~い香りをいっぱいに漂わせて美味しさを猛アピール!
c0110550_2123766.jpg

さて、この販売所を見つけたら「きらく山口屋さん」は近い!
などと軽く考えていたら、思いっきり道を間違えて30分ほど涙のぐるぐる旅。
お願いだから売り切れていませんように~いちご大福!!!
c0110550_2125657.jpg

どうやら願いは通じたようで、
フレッシュな苺の美味しさ全開のふわふわいちごロールと、
やさしい美味しさのいちごババロア。
c0110550_2131823.jpg

やわらかな牛皮と白アンが
おっきな苺をふんわりくるんだいちご大福を何とかゲーット!
特別にセレクトしているという、甘酸っぱくて大きな完熟苺の存在感をご覧あれ~
その美味しさを思う存分味わえる大福。もう旨いの何のって!
c0110550_2134168.jpg

お土産買ったらさっさとおうちへ帰りましょう。
早い時間帯に帰ると高速も空いているのね~という事にちょっと感動。
c0110550_2183012.jpg

湾岸線ラブ!な私はもう少し景色を楽しむ速度でお願いしたかったのですが、
老公快調に飛ばしているので黙って見守る事に。
c0110550_2184857.jpg

急いでると思ったら、早く帰って魚国の地魚刺身で一杯やりたかった模様。
すこし味見をさせてもらったら、なかでも金目のとろける美味しさがたまらない!
どうやら老公、こっそり金目鯛祭りを遂行していたらしい・・・
c0110550_2193484.jpg

魚国 神奈川県小田原市栄町2-8-12 TEL:0465-24-1188
      9:00~19:00   日曜日休(原則)
[PR]
by ilformosa | 2008-02-16 20:50 | うまうまの記録
お天気の良い週末。
伊豆からは花の便りが聞こえて来ました。
こうなると花好きはいてもたってもいられません。

道中のお供は澄んだ冬空にくっきりと姿を現した富士山。
羽田を過ぎると、どんどん大きく迫ってきます。
c0110550_17553283.jpg

右へ左へと位置が変わり、
c0110550_1756578.jpg

パパラッチも大変だー!と思いながら撮影を続けましたが、
c0110550_17574772.jpg

さすがにぐったりして小休憩。
御殿場のマクドは最近改装したらしい。
オシャレでモダンな、らしからぬ内装にかえって落ち着かず・・・
c0110550_17595474.jpg

駐車場を出ようとしたら、特大の富士山がでーんと!
・・・これまでの苦労って何?
c0110550_1833280.jpg

さて、楽しみにしていた河津桜。
今年の寒さで遅れているらしく2~3分咲き。
大きな原木は5分といったところ?濃いピンクがとても華やか。
c0110550_186367.jpg

多少のガッカリ気分でしたが、
お昼は評判のお店で~と思い直して立ち直りの早いこと早いこと。
下田までの道のりもなんのその!
くっきり浮かんだ大島を横目にまっしぐら~
c0110550_22361086.jpg

道中咲きほこる桜が点在。日当たりがよいのでこちらはもう見頃。
ここでもパパラッチ状態。赤信号で停車中に激写です。
c0110550_223568.jpg

下田の街の路地にお店を発見!
さっそく煮魚定食と海鮮ちらし各1575円をお願いします。
c0110550_22451656.jpg

下田の煮魚といったら、金の目ーがある金目鯛(なんか違う?)ですよね。
んもー、脂がノリまくってとろけるような美味しさがたまりません。
定食のごはんがあっという間に無くなって、
お代わりどうですか?と聞かれる始末・・・いやはやお恥ずかしい~
c0110550_2311314.jpg

かたやちらしはどっさり新鮮なお魚がのっけ盛!!
しばらく格闘した末、2人がかりでようやく完食です。
c0110550_22482435.jpg

おわんの中の潮だまりや~状態の磯汁は、
カニやフジツボやカワイイ巻貝などなど珍しい海の幸がわんさか!
つぎつぎ出てくる不思議なもの達が、発見気分を味わえて楽しいー♪
亀の手に似ている「かめのて」
下の殻をむくと、このように食べられるところがちょろっと出てきます。
c0110550_23242820.jpg

良い出汁が出ていて、お味も二重マル~
この他に、小鉢、茶碗蒸し、お漬物、デザートまでついていて、
ホントにこのお値段でいいの?といった感じの満足度です。
c0110550_22571147.jpg

これからは伊東に行くならハトヤ~下田に行くならゴロサヤ~だね♪
c0110550_2255825.jpg

ごろさや   静岡県下田市1丁目5-25  駐車場4台あり(無料)
   定休日 毎週木曜日
[PR]
by ilformosa | 2008-02-15 22:45 | 日本の旅

春の苺祭り開催中!?

近所のスーパーにて、パンケーキの粉が185円で売っているのを発見!
暮れにモトヤで美味しいパンケーキに出会ったのがフラッシュバック。
2袋ほどにぎりしめてレジに走ります。
c0110550_1544921.jpg

お隣はロイズのパートショコラ。
チョコレートにナッツのクリームがブレンドされていて美味しい。
パンにつけてもお湯で溶かして飲んでもOKの優れものです。

ちょうどこちらで知った遠藤園芸さんの真っ赤な苺が手に入ったので、
そのまま食べたいところを三分の一ほどインターセプト。
お砂糖とグラニュー糖を加えて、レンジで2分。
簡単プレザーブスタイルのジャムの出来あがり。
c0110550_15244130.jpg


調子に乗って、スムージーも作ってみます。
容器に苺20粒と牛乳150cc。それにヨーグルトも同量。
好みでお砂糖を加えたら、
c0110550_1573168.jpg

あとはブラウンのブレンダーでガーーーッと混ぜるだけ。
ここにバナナを一本加えても美味しいんですが、本日は苺オンリーで。
c0110550_15121621.jpg


気分は春~♪

c0110550_1524639.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-14 14:02 | 甘い物たちの記録
バレンタインデーですね~
街中においしそうなチョコレートがあふれていて、
どれもこれも試してみたいものばかり。
c0110550_1340348.jpg

外国の宝石のようなチョコや、国産の麗しいチョコに混じって
きらりと光るおもしろチョコも種類が増えておりますが・・・
ほんとうにぴかりと光るおもしろいチョコレートがありました。

福島県いわき市の魚で知られる「めひかり」
目が光るところから別名「めぴかり」とも呼ばれ
から揚げにすればビールのお供にも美味しい深海魚。

なんとその「めひかり」をかたどったチョコレートがあるらしい・・・
お取り寄せするしかない?とあきらめていたら、
最寄のヨーカドーにある福島の物産館で売っている事が分かって買いに走りました。
c0110550_11563231.jpg

ビターなチョコレートの中には甘~いキャラメルクリームがとろり~んと。
めひかりのキラーンとした光を表現したいわきのつぶつぶ塩がぴりりと効いて
なかなかオツなお味ですよこれは~
とりあえず雰囲気を出してみました。
c0110550_14344654.jpg

あっ!老公にチョコレート買うの忘れてた・・・
とりあえずバレンタイン用のアレンジでも眺めててもらう事にしようーっと。
ところで世間の皆さんは、どなたにどんな物を贈るのでしょうね~?
c0110550_14362938.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-13 23:16 | フラワーアレンジメント

華流にハマル2

東京MXテレビで放映中の韓流ドラマ 「私の名前はキムサムスン」
泣いたり大声で怒ったり挙句の果ては酔って気分が悪くなったり
お世辞にも女子力にあふれる主人公ではないのですが、どこか憎めない。
ブリジョンの韓国版といったコミカルな内容で、
テンポ良くお話が進むので久々にはまっております。
c0110550_2220173.jpg


(※以下リンクでは音が出ますのでご注意を~)
たまたまドラマやメイキング映像に
張恵妹&蕭敬騰の「一眼瞬間」が流れてるのを発見!
音が良いので、ちょっと載せてみました。
ヒョンビン、なかなかいい表情じゃないですか~~~!

その蕭敬騰ですが、第44屆金馬獎(台湾の映画賞なのですね)で
「不能說的秘密」「小茉莉 」「天堂口」「小情歌」
キーを変えないで熱唱したのだとか。
ひとたび歌い出すとインタビューのハニカミ王子ぶりがうそのよう。
アッコ=WADAもビックリの声量は、マイク無しでも響き渡りそうなほど。
のびのある爆発的な歌唱力にぞくぞくしちゃいます。
アルバムももうすぐ出るらしいのでものすごく待ち遠しい!
c0110550_0463639.jpg


アルバムといえば、楊宗緯の「鴿子」も売れ行きいいらしいですね。
アスカ本人のブログではしっとりしたバラードの「讓」や、
五月天の阿信が作った胸がきゅっと切なくなるような曲
「洋蔥」がちらりと聞けるのです。
気のせいかアスカちょっとカッコよくなった?
というか前がアレでしたので~おほほ~~~笑ってごまかす所ということでー!
c0110550_0483888.jpg


同じような時期に曹格も新しいアルバムを出していたのですね。
「Super men」に続いて「Super Sunshine」ですか!スーパー続き~
(日本では4月発売なのねー)
この次もSuper〇〇になるのかしら・・・?
ちりとての四草なら「賭けますかー?」って言うんだろうね、たぶん
c0110550_0553277.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-12 18:20 | 気になる音楽

あえて冬に北海道

北海道に住んでいる友人がこんな事を言っていた。

「本当に北海道が好きな人は、冬に訪れる」と。
c0110550_23174038.jpg


その時はええ~っ!そんな寒い時期になぜ???と思った。
それから雪祭りを目当てにとかスキーをしにとかで冬に訪れた事もあったが、
滑っている以外はやはり寒い!という思いが強かった。
c0110550_20494115.jpg

なのに、今回は凍えるような寒さの中で
何度も何度も「きれいだなぁ~」と見とれてしまう場面のなんと多かった事か。

たとえばそれは朝日のなかで白く輝く大雪山だったり、
c0110550_20554874.jpg

駅で見上げた青絵の具をぶちまけたような空だったり、
c0110550_20564896.jpg

きらきらと光るオブジェのような雑草だったり、
c0110550_20462556.jpg

マイナスの世界なのになぜか暖かみを感じる風景の数々。
c0110550_2330543.jpg

季節が違えばなんでもないだろう風景ですら、美しいと思える、
モノトーンの世界にふんわり掛けられた白と青空のコントラストの鮮やかさ。
c0110550_014320.jpg


ふと頭に「雪化粧」という言葉が浮かぶ。
そうだったのか・・・
今目にしている景色は、雪でお化粧している姿。
人も風景も綺麗に見えるのは変わりない。
昔のひとはほんとうに上手い言い回しを考えたものですね。

不思議なもので日が経つにつれて氷点下の空間にも慣れてくる。
そうすると、ぴんと張り詰めた寒さがなんだか心地くなってきます。
c0110550_23513948.jpg

宿もハイシーズンとは違ってしんと静かな雰囲気。
c0110550_0151979.jpg

思いがけず、北海道ならではの節分にも遭遇。
落花生で豆まきの後は、六花亭の恵方巻ロールで春を呼ぶ。
北の長い長い冬の後にやってくる春。喜びもひとしおなのでしょう。
c0110550_012662.jpg


さて最初に戻る訳ですが、
結局友達は笑ってその理由を教えてくれなかった。
答えは自分で探してねと言う事だったのか・・・
でも、ちょっとその理由にふれることが出来たかな?と思うようになった。
c0110550_061448.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-07 14:40 | 北海道をゆく
2月の5日から始まるさっぽろ雪祭り。
前日の4日だとイベントや売店の賑わいはありませんが
雪像は完成しているので、見る事が出来るのです。
c0110550_1814557.jpg

晴れていても冷蔵庫並みの気温。
スープカリーで体を暖めて、いざ出陣ー!
いまやここのトマトの酸味がきいたカレースープと、
皮がかりっ!お肉ジューシーなチキンレッグのとりこと化しておりますワタクシ。
アクセントの焦がしバジルが泣かせるねぇ~
c0110550_18204552.jpg

なんだかんだ言ってもまたhirihiriV3なのね?と思わせておいて、
今回は札幌駅の近くでなにかと便利な「hirihiri2」
高架下なので雪の日だって恐くない!
(そんなに得意げに言わなくても、ねぇ・・・)
c0110550_18203135.jpg

お味ですか?今回もそれはそれは美味しくて、大空にジャーンプしたい気分。
c0110550_1843158.jpg

遠赤外線効果の山用下着をばっちり着込んで大通り公園を端から端へ。
さすがに観光客の数が少ないので、大型の雪像の前でじっくり鑑賞にひたる。
世界の有名どころが一同に会したの図。
c0110550_1751484.jpg

製作者の願いがふわぁ~っと伝わって来る、子供のやすらかな寝顔。
癒されますねー。
それにしても札幌でまたお目にかかれるとは・・・。
ピサの斜塔、傾き具合が心配になるほどの酷似!期間中は倒れないでね~
c0110550_17521422.jpg

こちらはやたらとカッコいいけど、スターウォーズ?指輪物語?
あっナルニアでしたか・・・見てないモンは分らないしね~次、行って見よう!
c0110550_1753076.jpg

圧巻だったのは国宝犬山城。
どーんとそびえ立つ白亜のお城にもうくぎ付け。
ここはギャラリーも多かった!あたりに飛びかう中国語、韓国語、北海道なまり!
c0110550_18375952.jpg

実物の犬山城を見たことはありませんが、
たぶんそっくりなんだろう・・・と思わせてしまう緻密で迫力のある姿。
雪像で満足してしまった私を許してね、本物の犬山城~
c0110550_18382618.jpg

マンモスの前ではお祭りの前日らしい調整風景。
余裕でなごやか~に作業が進んでいます。
c0110550_1844455.jpg

その一方では、おーっと出ました!「今まさに突貫工事中~」
中国獅子?では台湾のお方?と思いきや、「香港」のブース。
明日までに出来るかな?出来そうですねー。
c0110550_1831145.jpg

「早く作らないとおしおきだべ~」と、てぐすね引いて待機中の3人組。
c0110550_1841982.jpg

でもでもでもでも~
c0110550_18105726.jpg

とばかりに、こちらは余裕で工事の遅れに対応中~
あのー明日からお祭りなんですけど~間に合わないんじゃ・・・
c0110550_1825425.jpg

まぁまぁ、やなせ先生のキャラもこのようにおっしゃってる事ですし・・・
c0110550_18134581.jpg

なにごとにもおおらかな北海道ラブですから、
たぶん当日までには何とかなるんでしょうね~
そんなスリルもちょっぴり味わえる一日早い雪まつり、本当にオススメです。
c0110550_22152827.jpg

夕方、日が陰ると一気に冷えて来た!
すすきのであったかい激うま肉まんでも食べて帰ろうっと。
「ブレンドひとつ下さ~い」
c0110550_18265291.jpg

ふわっと柔らかな生地と、こっくり濃厚な肉味噌がたまらなくオイシ~~イ♪
「欅」の前に寄るか?後に寄るか?
この味を知ったが最後あなたはこの湯気から逃れられなくな~る!

※皆招楼(カイショウロウ) 札幌市中央区南六条西3 TEL 011-531-8788
c0110550_18271153.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-05 13:51 | 北海道をゆく
帯広と言えばお菓子の町。
お菓子の町と言えば帯広というくらい、
スイーツ好きにとりましては「聖地」にやって来ました。
c0110550_1946937.jpg

数あるお店の中でも、三方六で有名な「柳月」
c0110550_19562497.jpg

もはや本店は観光名所と言ってもいい「六花亭」の2大派閥、
ご存知の方も多いかと思います。
c0110550_19462814.jpg

そしていよいよ・・・
c0110550_19464131.jpg

ようやく長年の夢、六花亭本店でサクサクタルトとご対面~~♪
(まだ行った事なかったの?と旅人さん達に笑われそうですが・・・)
季節限定チョコバナナ。この愛すべき組み合わせにたっぷりカスタード!
美味しくない訳がありません。
タルトのサクサクホロッという食感も最高でした。
c0110550_19465746.jpg

1階ではスタンディングですが、イートインもOK。
お菓子と一緒にセルフサービスのコーヒーも頂けます。
サービスと言えどもきちんと入れてあるのがこちらの度量の大きい所!
そんな六花亭が大好きだ~~~おまけにバレンタインのディスプレイもカワイイー!
お店だと迷惑なのでここで叫んでみました。
c0110550_22245949.jpg

翌日はこれまた憧れの本店2階「喫茶室」に、
ランチを兼ねて行って見ました。(好きになるとしつこいタイプ?)
ランチと言いいましても食事系はホットケーキを始め、さほど多くはありません。
じゃあ決めるのは簡単ねーと思うのはまだ早い。
メニューを見たら、何だーこの充実ぶりは!!!なんですねぇ。
おまけに理性がふっとぶ値段設定。
頼みすぎないように!というのは無理というもので・・・

まあ待っている間にみかんジュースでも~
ひと口飲んだら爽やかな香りとフレッシュで濃厚な味が広がって、
お、おいしい・・・! 一気飲みしないうちに写真写真~
c0110550_2072123.jpg

あっ!来ましたよー。何気にうまいのがここのピザ。
月替わりピザは帆立と菜の花。春らしいトッピングが華やかで可愛らしい。
旨みのある帆立がわき役に感じられたくらい、
柔らかい菜の花がほろ苦くて、春そのものの美味しさです。
c0110550_19472135.jpg

とろ~んとチーズもくせが無くて飽きがこない。
生地はぱりっ・もっちりしたタイプ。厚すぎず薄すぎずで丁度良い感じ。
2人で大きいサイズ1枚を頼みましたが、
この後が無かったらもう一枚追加したかったというのが本音~
c0110550_19473333.jpg

笑顔がステキなお店の方に(おにーさ~~ん、見てますかー)
なにやらサーブして頂いたのは・・・
c0110550_2075436.jpg

黄金色に輝くマンゴーのティラミス!
サンドされているのは「パイナップルチーズクリーム」
いちいち旨そうなので、もうこの辺で壊れ始めてます私。
ティラミスやイチゴのティラミスでも同じようにサーブして頂けるらしいので、
セレブ気分で盛り上がりたい時にはぜひお試しを~!
c0110550_2015235.jpg

怒涛のスイーツ祭りでしたが、〆はやはりソフト。
(シメといいつつまだ食べるか・・・)
気品あふれる清楚なお姿!
頂いてしまうのがもったいのうございます~
ふわ~っと広がる濃ーいミルクのお味と自然な甘さがなんとも言えません~♪
口どけもなめらかで「品格のある美味しさ」のソフトクリーム、
ミニサイズといえども驚きの180円!うれしくて涙が出そう・・・
c0110550_2011460.jpg

まるでホテルのように端正な空間とスタッフのステキな笑顔に、
とても気持ちの良い時間をプレゼントしてもらえた事、
いつまでも忘れないでしょう。

出口ではこんなお見送りが。
美味しかったワン!と言ったかどうか・・・ともかくご苦労さんです!
c0110550_20124552.jpg

おや?最後は鹿までお見送り?寒い中悪いわねぇ~
せっかくだから記念に1枚撮らせて~!
c0110550_20252396.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-04 22:31 | 北海道をゆく