忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

開花宣言から、「あっ!」という間に満開になった東京の桜。
お花見どうしよう・・・と、心の準備も出来ていない。
とりあえず天気が崩れる前に、昨年良かった穴場をぶらりと散策してみる。
c0110550_22413435.jpg

歩いたのは、川沿いのみごとな桜並木を静かに楽しめる超穴場のルート。
コースはメトロ門前仲町~越中島~佃島。ゆっくり歩いても、こ1時間くらい。
何だか去年も同じような場所、同じような構図で写真を撮った気もしますが?
そんな事は気にせず先へ進みましょう。
c0110550_2227213.jpg

さくらまつりの期間中、大横川では船に乗ってお花見を楽しめるようです。
c0110550_22491619.jpg

江戸の粋を感じる風景。風情がありますね。
c0110550_22512639.jpg

江戸の面影が残る景色から一転、
近未来的なマンション群が立ち並ぶウォーターフロント。
そんな東京のダイナミックな変化を体感できるのも、このコースの面白い所のひとつ。
c0110550_22561641.jpg

越中島公園では満開の大島桜に出会いました。
とても存在感のある木で、香りが強くて大きな花。
花が終わった後も桜餅の葉っぱとして大活躍するのかな?
c0110550_2301572.jpg

例年他より少し遅めの佃公園の桜もほぼ満開。
c0110550_2382082.jpg

桜の下では、可愛い花がひっそり春を謳歌していたり。
c0110550_23115012.jpg

夕方近くなり、風が出てきたようです。寒くなってきたので、散策もこの辺で終了。
心なしか桜もちょっぴり寒そうに見えますね。
c0110550_23145319.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-29 22:22 | 日帰り旅
またまた中国語の老師にそそのかされて教えられて、
美味しいものに手を伸ばす。

「黒ゴマのプリンタルト」
まろやか黒ゴマプリン&白ごまババロアに、これでもか!の山盛りゴマ。
クリーミーな口どけと、ゴマの香ばしいざくざく感は楽しいコントラスト。
c0110550_1202532.jpg

そしてー!!!
老師一押しの「黒ごま豆乳ラテ」
いつもは甘さ控えめが好きなのですが、このラテのしっかりした甘さはイイ!
特に「ちょっとお疲れモード」の時にはオススメですよ~
豆乳豆乳していないマイルドな豆乳ラテに、ぽっかり浮かんだマシュマロ4つ。
ゴマソースがとろり~んとかかった姿がラブリー♪
ちょっと溶けた所をラテと一緒にひと口ごくりと・・・
う・まーーーい!!!
美味しい上に、ゴマ&豆乳で体にもいい。何とも嬉しいじゃあ~りませんか、ねっ★
c0110550_1204789.jpg

※店舗によっては終了している所も。
  新橋駅のお店では、「まだやっていますよ~」との事でした。
[PR]
by ilformosa | 2008-03-26 11:51 | 甘い物たちの記録
中国語教室のお仲間が渡台の時に買ってきてくれた、
曹格~ゲイリー・ツァオ~の新しいアルバム「Super Sunshine」
c0110550_23255566.jpg

しっとりしたバラードやポップな曲などバラエティーに富んでいて聴きやすく、
華流?の入門としてもオススメ出来る一枚ではないでしょうか。
何よりいいのは、家事の合い間に流していると妙に作業がはかどるのよねぇ~
日本での発売は4月16日なので興味のある皆さま、あと少しのガマンですわよっ!
c0110550_23283895.jpg

華流と言えば、F4旭迷の中国語の老師が「美味しいよー」と教えてくれたこちら。
c0110550_23393031.jpg

マンゴーのさわやかな酸味と甘さが濃厚に感じられて、
コンビニスイーツもあなどれないわね!な仕上がり。
フレッシュマンゴーが旬を迎えるまでお世話になりそうな予感が致しマス。
c0110550_23372541.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-13 23:19 | 気になる音楽
お花見にからめて美味しいものを沢山手に入れて来ました。
ずっと機会を待っていた伊勢原の名店ブノワトン
c0110550_21494911.jpg

パリの一角にあってもしっくり来そうなオシャレな外観。
入る前から「美味しいパンを作ってます~」的な雰囲気をかもし出してますねぇ。
c0110550_21505141.jpg

平日のお昼過ぎだというのに売り切れ続出の中、
なんとか種類を揃えたかな?という収穫。
ぱりっと香ばしくて、中はもっちりしたハード系のパン。
小麦のおいしさがストレートに味わえてほんとうに美味しい!
c0110550_21572688.jpg

サクサクした生地のクロワッサンやペストリーも絶品。
ハード系では豆の入ったパン。
それ以外では、甘酸っぱい苺&上品で軽やかなカスタードのペストリーが
個人的にとても印象に残りました。
c0110550_21592816.jpg

そして、またまた寄ってしまった厚木の遠藤園芸さん。
おいしさがぎゅっとつまった濃厚な春の味にもうメロメロ~
c0110550_21381987.jpg

実物はこれよりやや小さいかな?
おっきくて甘くて、とってもジューシーなんです。
もう他の苺を食べられなくなるくらい美味しいの~♪
c0110550_2143183.jpg

ランチを食べに行った御殿場。お目当てのお店には振られましたが、
産直野菜の買出しでうろちょろしてる途中
お花畑のようなゼリーショップに出会いました。
c0110550_2232359.jpg

目移りしないではいられないラインナップから、
基本のフルーツミックスと季節の苺。それからクラウンメロンと甘夏をセレクト。
c0110550_2273677.jpg

ゼリーなんてどこのも同じでしょ~なんて思っていましたが、
ぎっしりつまったフルーツの美味しさを最大限に引き出すフルフルゼリーに、
思い切りはまってしまいました。前言撤回させて下さい~(汗)
c0110550_2214558.jpg

産直の良い所は、家に帰ってからも旅先の美味を楽しめる事。
どっさり買い込んだ新鮮野菜の中には春野菜の代表、菜の花も。
シンプルに醤油パスタで頂いても味が際だっています。
c0110550_22143780.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-11 21:27 | うまうまの記録
先月の事ですが、
満開の河津桜を初めて見てきました。
場所は阿里山。
c0110550_22415054.jpg


・・・のようですが、松田です。
阿里山みたいな景色なのに松田。松田なのに河津桜。
何だかややこしくないか?
(私がややこしくしているだけとも言いますが)
c0110550_2375797.jpg

ここ松田のハーブガーデン「ふるさと鉄道」はミニSLが走っているのです。
「阿里山で活躍した物を模型化したものかも知れない。」と、
鉄道関係に詳しいAさんがブログで
阿里山森林鉄道シェイ18t蒸気機関車の画像を参照して示唆されてるので、
ここが阿里山に見えてしまったのも不思議ではない・・・よね?
生憎の雨で、ミニ機関車の勇姿が見られなかったのはとても残念!
c0110550_2355045.jpg

園内を彩っている、濃いピンクの華やかな河津桜。
うつむいて咲いてる様子は恥らう乙女のようで愛らしい。
c0110550_22382268.jpg

山の斜面は一面の桜。その先には松田の町が晴々と広がります。
c0110550_23255656.jpg

みかん畑を抜けて山の上まで行けば、
更に気持ち良い眺望が開けるポイント発見!
c0110550_23313335.jpg

春ですねぇ~
c0110550_23352626.jpg

菜の花は桜とのコラボもまた良し!です。
c0110550_2317672.jpg

東名高速を名古屋方面に走っていると、
右側の山の斜面にピンクの絨毯が広がっていたら
そこがハーブガーデンだと思って間違いない!というくらい
ひときわ目立つ美しい桜達。
車で行かれる際は、松田駅の先の川原に駐車場があるので
そこからシャトルバスが便利です。
c0110550_23172040.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-10 22:33 | 日本の旅

一年分のカキを補充~

美味しいものを良くご存知のAさんから、
カキ料理を食べに行きますがご一緒にいかが?と嬉しいお誘いを頂いた。
何でも前回カキが品切れだったので、リベンジの再訪なのだとか。
うーむ・・・リベンジに足を運ぶほどの牡蠣料理!!
いやがおうにも期待が高まります。
c0110550_23211255.jpg


めずらしく合流出来る勤務態勢だった老公も参加して、
旅仲間のお2人と合わせて5人のカキ三昧が始まりました。
それぞれ生ビールやブラッドオレンジジュース(またかいっ!)で乾杯の後は、
わいわいとオーダー会議。
メニューの牡蠣料理をもれなく注文するという、お大名のような展開に!
c0110550_23201751.jpg


・・・どどーんとやって来たお料理たち。テーブルからはみ出しそうです~(歓)
カキの酒蒸し。
家では絶対に出せないこのコク、火の通し方、深い味わい。
絶品ですっっ!
c0110550_2235857.jpg


あつあつとろとろ~、カキのクリーム煮。
牡蠣とクリーム系のソースの相性、最高ですよね~♪
c0110550_2237367.jpg


フライした牡蠣をデミソースで頂くカキのブラウンソース。
ガツンとパンチがあってボリューミー。
優しいお味の流れの中で、アクセントになる一皿でした。
c0110550_22373778.jpg


王道カキフライ。
大きくて風味豊かな牡蠣の美味しさをぎゅっと閉じ込めたフライ。
まろやかなタルタルソースをたっぷりつけて頂くと、美味しさが更に増して・・・
c0110550_22382279.jpg


カキグラタン。同じクリーム系でも、香ばしさが加わるとまた印象が変わります。
レモンがプラスされた事で感じられる爽やかな酸味の効果で、あとを引くひと皿。
c0110550_22401162.jpg


ゆで卵がいい仕事しているミコサラダ。
あっさりしたサラダも、ひと味違うEAT風。
c0110550_23172914.jpg


自分の語彙の少なさでは充分に説明が出来ませんが、
とにかくどれもこれも美味しい牡蠣食べnightでございました。
c0110550_22395622.jpg


もちろん食後の別バラ、オレンジのシャーベットもまんべんなく堪能。
人数そろえて行くと洋食屋さんも楽しみ方が広がるのですね~
c0110550_23225858.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-08 22:44 | うまうまの記録
数々のブログで取り上げられている、都内でも屈指の居酒屋「魚三」
平日でも混むだの並ぶだの、その人気の高さをうかがわせる記事に
気合を入れて望まねば!と開店の20分前には現地へ。
なんと驚く事に、お店の前にはすでに並んでる人が10人以上!!
暖かい日で本当に良かった~。
c0110550_2253950.jpg

16時きっかりに店内へなだれ込み、1階に2つあるコの字型カウンターは
あっという間にぎゅうぎゅうの大入り満員状態。
初心者はこちらがお勧めと聞いた右側カウンターに、なんとか席を確保。
周りの皆さんは早くも「ビール」「お酒」「熱燗」と
矢継ぎ早に注文し始めています。
c0110550_2237045.jpg

出だしから生存競争の激しさに、早くもたじたじとなる私達。
遅れまいと、お店のオネエさんに飲み物をオーダー。
さて・・・やっとひと安心?いえいえ、ここで油断は禁物。
何を食べるか選ぶのが、初心者にはまたひと苦労!
だって、ね・・・これですもん!!
c0110550_22523725.jpg

こんなに沢山(この両脇にもずらっとメニューあり!)のお品書きから
一体どうやって選べと!?
実はそんな事もあろうかとめずらしく下調べをして、
メモまで握りしめて来ましたよ。
こちらでは暗黙のルールがあるらしく
最初はお刺身など生ものからの注文になるそうな。
予習の甲斐あって、ひと品めからすんなりと注文へ。
「すみません~あわびひとつお願いしまーす!」
c0110550_232221.jpg

おおっ!鮮度も良くって、こりっとした歯ごたえがいいですね~♪
あっというまに無くなって、次の注文は・・・?
周囲でやたらと見かけた「中落ち」が気になりますねぇ。
「じゃあうちも同じ物を」
c0110550_23135020.jpg

ああっ、しまった!肉厚でほどよく脂が乗ったまぐろが美味しくて、
写真取る前にパクパクと。
これで430円也!皆さん頼む訳ですね。

所が、さらにビックリな目玉商品が「あら煮」
な・な~んと驚愕のワンコイン!
コインはコインでも、驚きの50円!
c0110550_23265275.jpg

甘辛く煮付けられた「あら」
無性にご飯が食べたくなるのは私だけじゃないと見た!
残念ながらここは居酒屋。メインは飲みにつき、当然夢叶わず・・・
そんなご飯党には更なる試練が待ち構えているとはつゆ知らず、
頼んじゃったのが「カキフライ」

おーいしーいっ!

c0110550_23411243.jpg

もうね、ぷりぷりの大きな牡蠣そのものがものすごく味わい深くて美味しいんです。
それをふっくら半なま程度に火が通るくらいに揚げてあるので、
ひと口食べると牡蠣の濃縮された旨みがジュワーッと広がって!!
これまで食べた中で間違いなくNO1の牡蠣フライでした。
邪道とは知りつつも、ご飯と一緒に食べたかったなぁ・・・

そんな美味しい余韻にひたる間もなく、ラストの天ぷら2種がどどーんと登場。
ふんわりとした白身のメゴチと、気になった蝦蛄。
c0110550_23534844.jpg

こんなに新鮮で美味しい魚介類を思う存分味わって、
ビールと日本酒も飲んでお会計が3千円ちょっと。
東京でも探せばあるもんですねぇ~
牡蠣のあるうちに、ぜひ再訪したくなりました魚三酒場。
 
再訪といえば、門仲にはリピートしたくなるお店が一軒。
c0110550_011585.jpg

本当は内緒にしておきたいくらいですが、
ここのシブーストにはまってしまって・・・

ビターなキャラメルをパリっと崩すと下には、
爽やかなオレンジ(普通はリンゴですよね)を包むふわプシュメレンゲと
バターの風味満開のさっくりパイ。
一緒に頂くと、お味と食感の相乗効果にやられます。
人気なので、早い時間帯に行かれるのがよろしいかと。
c0110550_09283.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-04 22:34 | 食べ歩き江戸川・江東
今日で横山大観展が終わるので、
招待券を無駄にするのもねぇ~と国立新美術館へ出向いてみました。
c0110550_2245995.jpg

そろそろ混雑も落ち着いたかな?と思いきや、
どうしてどうしてなかなかの人出。
さすがは日本画の大御所「大観センセイ」の効果は大きく、
展示室は絵を見にいったと言うより人を見に行ったという方がぴったりです。
c0110550_22252956.jpg

西洋の絵を見る機会には恵まれていたのですが、
こと日本画となると本当に何が何だか!
素晴らしい絵なのだろうという事はおぼろげに分るのですが、
混んでいる会場を1時間ほどさーっと流して終了。
まさに「豚に真珠」「猫に小判」を地で行ってます。
でもって感動が大きかったのは建物自体。
c0110550_22274475.jpg

余計な装飾が無いシンプルな空間はどこかの空港のよう。
円錐形を逆さにしたコンクリートの塊。
圧倒されるような存在感がありますがこれは一体何?
c0110550_22212514.jpg

そう、中空に見えていたのは
明るい日差しを受けながらお茶するのもいいなぁ~と思わせる
サロン・ド・テ ロンド。
c0110550_22284020.jpg

そして、相変わらず人気のレストランブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ。
平日の1時過ぎても並んでる方々をちらりと見ながら通り過ぎる私達。 
並びたかったよー出来る事なら!
c0110550_22215628.jpg

でも・・・ここに来る前、ついふらふらとミッドタウンに入って
c0110550_2230132.jpg

落ち着いた雰囲気の中を探索してたら、
c0110550_22305017.jpg

トンカツ好きなら一度は詣でておかないと!なお店を見つけてしまい、
すかさず突入してたりする訳で・・・
c0110550_22312751.jpg

お肉のジューシーさがもう少しほしかったかな?
という思いがありましたが、全体的にソツの無いひと品でございました。
ですので並ぶお店は次回の宿題っ。
c0110550_2231126.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-03 21:55 | 日帰り旅