忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あっつい夏のお休みの日には特に便利な存在のバス一日券。
自宅~錦糸町~上野と乗り継いで降りてみたら・・・
おお!!テレビでよく見るアングルの上野駅!
地下鉄→JRの移動だと、なかなか拝めないだけに軽く興奮しちゃいました。
c0110550_1829433.jpg

更にバスでひと駅。
目的地は松坂屋裏手にひっそりとある甘味の老舗「福助」
c0110550_1830252.jpg

ひと目見たときから
建物が放つ「期待を裏切らないよー的オーラ」にやられてはいたのですが、
上野、御徒町エリアの目立つ場所には「みはし」や「みつばち」といった有名甘味所。
閉店時間が早めなこともあって、なかなかこちらに来れずに早ウン年。
念願の訪問にわくわくしながらガラリと戸を開けます。
c0110550_18302352.jpg

中ではまず入ってすぐの所で食券を買うのですが、券売機からなどではなく
お会計にいるオネエさんから直接購入するシステム。
早くもレトロ感炸裂です。
同じくレトロな店内、正直広いとはいえないスペースにテーブル席がずらり。
ですが、わきあいあいとした雰囲気で居心地は悪くなく
ほどなく老公のあんみつもやって来て、くつろぎモードに入りました。
アンも寒天も丁寧につくられた美味しさで、甘味嫌いの老公もぺろりっと完食!
c0110550_18304119.jpg

こちらは小豆のおいしさが評判と聞いていたので、
かき氷狙いの私は迷う事無く「氷あずき 」を注文。
・・・したはずですが、運ばれてきた氷は白一色!!
c0110550_18305979.jpg

きっと中にはお宝があるはずよ!っとほじほじしていくと、
出てきた出てきた♪あ・ず・きちゃ~~ん
ひんやりしているにもかかわらず、
ふっくら瑞々しく炊かれた小豆
       美味しすぎー!
c0110550_1831193.jpg

小豆と白玉が出てきたので、ココロおきなくまぜまぜ~♪♪
あずきの甘さは上品ながら抑えすぎていないので、氷とまぜるとちょうど良い塩梅。
ふんわりかいてある氷なので、最後まで「頭キーン」現象のないままこちらも完食です。
寒くなったら、ぜひ「福助あずき」を食べに来よう・・・
c0110550_1831392.jpg

オマケ:ここまできたら御徒町「新竹」まで足を延ばすしかないでしょ~
ってことで、「新竹のビーフン」
甘味でけっこうお腹に来ていたので、おとなしく?外帯版です。
相変わらず干しエビのダシが効いてて、泣きたくなるくらいぅんまいっ!!
c0110550_1832291.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-08-28 16:20 | うまうまの記録
もういっちょ続けて海鮮丼ネタでございます・・・
って、一体どれだけ海鮮好きなんだか!!

グルメの伝道師Aさんがブログで紹介しているのを見てからというもの、
寝ても魚啓さめても魚啓な状態が続いており・・・。
大行列に撃沈する事2回!というのもあって、
この時もかなーりドキドキしながらお店に到着しました。
・・・ら?なんか空いてるー!
c0110550_0161623.jpg

夏休みの時期とはいえ、さすがに平日。
三度目の正直だか三顧の礼だか分かりませんが、
とにかくすんなり席につけました。バンザイ!!
と、ここで安心している場合ではなかった!!
すぐあとから13名様の団体が入ってきて、
お店のお姉サンから「早くオーダーしたほうがいいですよ~」とこっそりアドバイスが。
どっさりあるメニューを大急ぎでチェックして、
まずは前座?に天ぷら定食を。
実は「かき揚げ」と迷っていたのですが、ボリュームが凄すぎて却下!!
肝心の天ぷらですが、揚げ立てのあつあつを美味しく頂きました。特にエビが◎~♪
c0110550_0204550.jpg

注目モノだったのが大盛りのお味噌汁!
具沢山で食べ応えがあるので、ここで一気にいっちゃうと後々危険かも・・・と、
めずらしく危機管理して大正解!
c0110550_0171683.jpg

頼んだ「海鮮丼」(1680円)がこれですからー!!
海老、ウニ、いくら、生シラス、鮪、鯵、蛸、帆立・・・などなどなどなど・・・
もんのすごーい量!!
「丼の中の宝石箱や~」という言葉はこの海鮮丼のためにあるのでは?
器も美しいので、更に豪華さも3割り増しです。
c0110550_0174210.jpg

そして最大のポイントが、てんこ盛りの海鮮の底に沈むご飯。
ま~、掘っても掘ってもなかなかたどりつけませんっ!
油田かっ!!と突っ込みながら、ひたすら掘削作業に勤しみ、
老公と2人がかりで大量の海鮮をなんとか完食いたしました。
次回は「おまかせ丼」980円でもいいかな・・・と早くも弱気です。
c0110550_018883.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-08-25 14:24 | うまうまの記録
さて岩ガキネタの続きです。
そもそも海鮮市場での大本命は、2階にある食事処「海鮮どんや とびしま」
c0110550_23312377.jpg

以前、ちょうどお盆でしかも週末にあたってしまって、
1時間位並んだ末にお目当ての定食が軒並み売り切れ!
という悲しい思い出があるのですが・・・。
この日もお盆の初日とはいえ週末でもないのに、やっぱり第2希望までが既に無い!
残るセットメニューがいくつかあったのですが、真剣に選ぶ元気も売り切れ~
よって前回と同じく「海鮮丼」1050円でいいよーとなりました。
c0110550_23184419.jpg

ややなげやり気味のチョイスではありますが、
種類も量も豊富な漁港直送ネタ、鮮度抜群で美味しいの美味しくないのって!
まあアップでご覧下さいマセ~。
絶対ちょっと前まで海にいたでしょ、君たち!
c0110550_23191090.jpg

2人して同じものというオーダーに納得いかなかったのか
老公地場産らしき「鮑のお刺身」680円も頼もう!と言い出しまして。
こちらもイキが良くて、コリコリっとした食感がたまりませんでした~
c0110550_2323957.jpg

いつになくやる気を出す老公、
ブリカマがまだ注文可能である事も見逃していなかった!!
c0110550_2320885.jpg

ぱりっと香ばしく焼き上げられた皮の下には、肉厚で美味しい身がどっさり!!
これで350円ですよ、奥さんっっ!!
もー、食べても食べても食べるところがどっさりありすぎる!
ほとんど「ブリカマ地獄」と化しておりましたー。
c0110550_23203611.jpg

実は、食堂からは酒田港が一望出来て何気にナイスビューなんですよ。
なのにお客は海鮮に夢中で、景色にはまるで目もくれず・・・
いいのかそれで酒田港!!
c0110550_2321726.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-08-15 21:50 | その又奥の細道~みちのく旅
牡蠣が食べられるのは「R」がつく月・・・
じゃなくなってしまったのはいつの頃からでしょう???
牡蠣はカキでも夏が旬の「岩ガキ」は別ものとも言えますが、
カキ食べニストには嬉しいシーズン到来。

8月に北東北を訪れるチャンスがあるとなれば、
見逃すはずも無く・・・
仙台から田沢湖に行くルートは山形道から酒田港へ抜けて
日本海沿いの岩ガキロード(命名草苺)を北上するというドエライ遠回り!!
スーパーで下見をしつつたどりついたのが酒田港「さかた海鮮市場」
c0110550_23534935.jpg

ここの2階で人気の海鮮丼ランチ!が本来の目的だったのですが、
1階のお魚売り場で「これは!」という岩ガキに遭遇!!

下がお店の方にお願いして殻を開けてもらって宿にお持込したの図。
大きくてぷっくりしたカキ、見るからに美味しそうー
レモンをちょろりとしぼってひと口でほおばる。
ん~~~広がる風味の豊かさ、ミルキーさが凄すぎる!!!
この旨さはもう一線を越えたね。
c0110550_011819.jpg

そしてお値段は驚きの2個で480円!!
ちなみに1個で500円なんていう所もフツーにあっての価格って事で2度ビックリ!
なんでもっと買わなかったかな~~~といまだ絶賛後悔中の嵐です。
[PR]
by ilformosa | 2008-08-14 23:37 | うまうまの記録
昨夜途中で終わった腰掛庵カキ氷ですが、
私が頼んだのは宇治金時みるく580円。
決して氷の量「大盛りで!」とお願いしたわけではありません。
デフォルトでこの盛りらしい!!

・・・食べきれるのだろうか・・・

そんな心配御無用!なほどはかなくさらさら溶けてしまう氷。
雪花氷とはまた違った、まるでこな雪のようにふんわりしたきめの細かさです。
そのせいか最後まで頭がキーンと鳴ることもなく完食できました。
たっぷり乗せられた小豆はこっくりぽってりと煮含められていてたまら~ん!
濃いお抹茶のシロップ&練乳と一緒に頂けば、いっそう味が引き立ってなまらうまい!!
c0110550_19334237.jpg

いっぽう老公は木いちごとすぐりみるくかき氷630円。
こちらもたっぷりのすぐりと酸味のあるソース。
それと練乳の組み合わせがとても爽やかで、あとを引く美味しさです。

割と甘さがしっかりしている宇治金時と、
さっぱりしたこちらのかき氷。
どちらか選べと言われても「無理!」というくらい両方ともオイシイ!
ひとりで行ったら悩める人になりそうダ・・・
c0110550_1934274.jpg

そしてお土産にはだだちゃ豆の餡と、柚子餡が入ったわらび餅も購入。
c0110550_19313242.jpg

とくにぷるる~んとしたわらび餅にだだっちゃの風味と上品な甘さのコンビ、
ナイス過ぎて笑っちゃうくらい合います!もちろん味も2重マル~♪
c0110550_19322925.jpg

車がないと、それもナビがついてないと、とても行きづらい場所だと思います。
が!!!
機会があれば、是非、是非、ぜ~~~ひ、寄っていただきたい
というか寄ってください!と老公の機嫌をとりまくってます>私
[PR]
by ilformosa | 2008-08-13 21:49 | 甘い物たちの記録
毎年恒例夏の東北巡業もとい帰省の折に、
あちこちのブログで絶賛されているお店に行って参りました。
c0110550_2382713.jpg

山形は天童にある「腰掛庵」というお菓子屋さんで、
和菓子の中では一番大好きな「わらびもち」と
c0110550_23857100.jpg

「醸まん」というお饅頭でも有名なのだとか。
c0110550_2392890.jpg

古い民家をお店として使っていて、ショーケースの中では
丁寧に作られたのがひと目で伺えるお菓子たちがちんまりとお出迎えしてくれます。
c0110550_2395317.jpg

お盆の前と言うのもあって、開店早々からひっきりなしにお客さんがやって来る!
「わらびもち4箱と、醸まん2箱下さい~」なんていう声が次から次へと途切れません。
c0110550_2321130.jpg

実はこのお店、と~っても分かりづらい場所にあるんです(駐車場は完備でした)
にもかかわらずの繁盛振り、「わらびもち」をひと口頂いてその理由に大きく納得。
ぷるんぷるんの歯ごたえとほんのり甘い上品なわらびもち、

        絶品です~

香ばしいきな粉を添えて頂けば更に美味しさが増してイイ!
c0110550_23102859.jpg

お店の奥のお座敷では手作りの甘味を頂く事ができるのですが、
c0110550_23112634.jpg

なんとこのお部屋は蔵を改造したもの。
c0110550_23115510.jpg

お座敷の隅にある急な階段を上がった2階は、
c0110550_23122449.jpg

ちょっとした資料館になっていて見学もさせてもらえます。
c0110550_2313014.jpg

さて、お座敷に戻って注文するものを考えよう。
それにしてもこのお部屋、ほんとうにくつろげる・・・
まるで田舎のおじいちゃんの所にでもいるみたいな懐かしく心地よい空間。
c0110550_23132623.jpg

庭からは涼やかな風が吹きこんで、聞こえるのはセミの大合唱。
このままごろ~んとお昼寝したいよー!!という気分です。
c0110550_23135348.jpg

あやうくウトッ・・・としかかったら、

     かき氷、キタ―――――!!!

c0110550_23144745.jpg

詳しく書こうと思ったのですが、力つきました。
続きはまた明日~
[PR]
by ilformosa | 2008-08-12 22:29 | 甘い物たちの記録
夏巡業(帰省)ではまたしてもKYだった私。(KY=食いすぎの嫁)
その上桃ラーときたら、
いたがきの季節限定桃ロールを見逃すはずもなく・・・

「見た目からして、わし好みよのう~」
なれた手つきで帯をしゅるしゅるとといていく(悪代官か!)
c0110550_23111153.jpg

これ、もそっと良く顔を見せい~
下を向いていては分からんではないか!
c0110550_23165816.jpg

とゆー訳で断面が良く見える角度での一枚。
カットされた完熟桃がぎっしり入ってる所はさすが仙台の良心!!
c0110550_23185063.jpg

ジューシーな桃をふんわりロール&生クリームでまきまきしてして、
上品系に仕上げたお味もがんばってるなぁという印象。
桃そのものを思う存分味わいたい桃ラーとしましては、
いたがきで販売している「桃」そのもののほうがむしろ有難いかも?
(スマン!いたがき)
桃ロールも美味しかったのですが、
初めての方にはフルーツロールのほうが無難かなぁ・・・とつぶやいてみる。
[PR]
by ilformosa | 2008-08-09 23:03 | 甘い物たちの記録
写真が増えてきて容量が大きくなってきた事もありまして、
台湾関係の記事と関連リンクをまとめて
ほわ・ほわ・豆花まにあっくすに移す事に致しました。
「ほわ・ほわ・豆花」同様、どうぞよろしくお願い致します。
c0110550_002959.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-08-01 23:54 | マイ・台湾ツアーズ