忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ケーキ・カフェ ( 21 ) タグの人気記事

c0110550_19172319.jpg

c0110550_19172344.jpg

レディースディ狙いでやっと見てきましたレ・ミゼラブル。
開演ギリギリに着いたらまさかの私で満席、ラストいっ席滑り込み!いやー危なかったー!!
で、やっぱりレミゼは歌が秀逸でした。
配役もほぼイメージ通りで、中でも個人的に良かったのがバルジャン・フォンテーヌ・アンジョルラスの歌&演技。
あとは何と言っても最高だったのが“エポニーヌ”
イメージに合っててその上歌唱力がすんばらしかった!
あまりのハマり役ぶりだったのでネットでチェックしたら、舞台のレミゼでも同じ役を演じてたと分かり道理でねーと納得したのでした。
あらすじはほぼ舞台と一緒ですが、リアルなロケ地でよりこまやかにストーリーを描いていて170分があっと言う間。
随所に感動する場面があるので泣けます〜。
また全体的に暗いお話なので、コゼットとマリウスの浮かれっぷりには軽くいらっとしましたが・笑
それからバルジャンやエポニーヌのソロや民衆のコーラスが本当に圧倒的で素晴らしかったので、観劇の様に拍手したいのを我慢するのが大変だったのは私だけではなかった模様。
エンディングではスタオベしたかったですもん・笑
写真は映画の前にお茶しに寄った錦糸町のトミィ。
ここも味わい深くて、厨房のマスターがホットケーキ焼く姿が俳優さん並に決まってました。
ホットケーキは外がカリッと香ばしくて中がしっとりフワッと絶妙な焼き加減。
バナナ、キウイ、ミカンと生クリームがサンドされていて相性も食べ応えもバッチリでした。
デザートにバニラアイスが付くのもこのお店ならでは。
フルーツホットケーキは2月いっぱいなので、気になる方はお早めに☆
[PR]
by ilformosa | 2013-02-22 19:17 | 気になる音楽
上品連台寺の近くで発見した、
可愛いパン&ケーキのお店「タンタシオン・ダンジュ」
「ここは美味しいに違いないセンサー」が強ーく反応っ!
c0110550_11423960.jpg

パンもケーキも種類が豊富で、次々にお客さんが来るのも納得の美味しさでした。
表面にあめがけしたシュークリームが忘れられないよ~~~(´Д`)
c0110550_11432318.jpg

お土産を仕入れたらバスで移動です。
やって来たバス、げっ・・・激混みーーー!
向った先は、春の一般公開中でラッキー♪の京都御所。
c0110550_1148213.jpg

もーーー、外国人率が高い高い(゜д゜;)
さすがに立派な建物ですねーと、十分に外国人並のアバウト感想な私~あははー
c0110550_1151897.jpg

紫宸殿も威風堂々(こんな時しか使わない言葉なので使ってみた・笑)
c0110550_11445053.jpg

お雛様のデフォルト右近の橘。(左近の桜は散っちゃってて残念!)
c0110550_11452127.jpg

まー、お庭もお手入れが行き届いてらして~~~ (≡^∇^≡)
c0110550_11494694.jpg

こちらの御殿では当時の様子を再現してました。
踊り子さんには手を触れませんよう~~~(///∇//) (下世話ですんまそん)
c0110550_11454056.jpg

ささ、そろそろお次の二条城へ巻きで移動せねばー(^▽^;)
[PR]
by ilformosa | 2010-04-12 14:38 | 日本でお花見旅

いたがき in Autumun

いたがきと言えばロールケーキ。
ロールケーキと言えばいたがき。
そんなパブロフ状態が、さらに加速しそうな一品。
「マロンロール」
c0110550_23211219.jpg

相変わらずふんわりロールケーキの美味しさは健在です。
で、マロンのクリームがスポンジと好相性のやわらかで豊かな風味。
上に載ってる栗が渋皮つきというのもツボ~
んんん・・・これまたピンでも十分に美味しかったりなのです。
すごい!すご過ぎだよいたがき!!果物屋さんの仕事とは思えない!!!
c0110550_23281246.jpg

気を良くして他のスイーツも・・・とチェックして
真っ先に飛び込んできたのが
「いちじくのタルト」
まろやかでとろけるいちじくは絶品!!
フルーツの老舗なのでここまでは想定の範囲内だったのですが、
サクッとしたタルト生地と、アーモンド粉の風味炸裂のフィリングが激ウマ!!
イチジク無しでも成立しちゃう完成度の高さにはビックリでした。
c0110550_23391835.jpg

11月半ばにリピしようと再訪したのですが。
無常にも「今年はもう終了しちゃったんですよ~」とのこと。
あまりのショックに凍りついてしまいましたー!
[PR]
by ilformosa | 2008-10-28 23:13 | 甘い物たちの記録
濃厚でコクのあるチーズケーキの中には
香ばしいスライスアーモンドしっとりレーズンがざくざく。
コーヒーと一緒にいただきましたが、
油断すると歯止めが効かないくらい美味しかった!!
ともさかりえさんもお気にいりなのだとか。
お土産にしても喜ばれそうですよ~。
c0110550_23503964.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-09-08 21:43 | 甘い物たちの記録
夏巡業(帰省)ではまたしてもKYだった私。(KY=食いすぎの嫁)
その上桃ラーときたら、
いたがきの季節限定桃ロールを見逃すはずもなく・・・

「見た目からして、わし好みよのう~」
なれた手つきで帯をしゅるしゅるとといていく(悪代官か!)
c0110550_23111153.jpg

これ、もそっと良く顔を見せい~
下を向いていては分からんではないか!
c0110550_23165816.jpg

とゆー訳で断面が良く見える角度での一枚。
カットされた完熟桃がぎっしり入ってる所はさすが仙台の良心!!
c0110550_23185063.jpg

ジューシーな桃をふんわりロール&生クリームでまきまきしてして、
上品系に仕上げたお味もがんばってるなぁという印象。
桃そのものを思う存分味わいたい桃ラーとしましては、
いたがきで販売している「桃」そのもののほうがむしろ有難いかも?
(スマン!いたがき)
桃ロールも美味しかったのですが、
初めての方にはフルーツロールのほうが無難かなぁ・・・とつぶやいてみる。
[PR]
by ilformosa | 2008-08-09 23:03 | 甘い物たちの記録
少し(だいぶ?)前に、友人2人と錦糸町でランチをして来ました。
名前だけでどんなお料理が出てくるのか一目瞭然の「タイランド」というお店。

ネットでは本格的なタイ料理がいただけるとあり、かなり興味津々です。
タイ語(たぶん)が飛び交うお店は、ディープなんだけれども敷居が高くはない感じ。
c0110550_23433838.jpg

なんかねぇ~このパイナップル柄の食器だけで
「タイー♪」気分が盛り上がるの私だけかしら・・・(単純?)
c0110550_095682.jpg

写真入りではありますがメニューの内容、相当マニアックな印象です。
なので親切なスタッフをつかまえてあれこれ質問攻めて見ることに。

相談の結果、マイルドでスパイシーな美味しさが後を引きまくりの
シーフードのココナッツソース炒め。
(以下詳しい名前は難しくてメモする気力を無くしたので、意訳です。)
c0110550_04839.jpg

割とあっさりしたパッタイ。大量の干しエビは旨みの演出に効果大でした。
c0110550_051086.jpg

ご飯ものもいっときましょう!のグリーンカレー。(もしかしたら違うかも?)
c0110550_071848.jpg

12時過ぎたらどんどんお客さんが増えてきたので、
食後は場所を移してお喋り続行。
話に夢中のあまり、
カプチーノのフォームみるみるうちに消え・・・っていうのもどうなのか・・・。
c0110550_0183110.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-06-07 23:36 | うまうまの記録
数々のブログで取り上げられている、都内でも屈指の居酒屋「魚三」
平日でも混むだの並ぶだの、その人気の高さをうかがわせる記事に
気合を入れて望まねば!と開店の20分前には現地へ。
なんと驚く事に、お店の前にはすでに並んでる人が10人以上!!
暖かい日で本当に良かった~。
c0110550_2253950.jpg

16時きっかりに店内へなだれ込み、1階に2つあるコの字型カウンターは
あっという間にぎゅうぎゅうの大入り満員状態。
初心者はこちらがお勧めと聞いた右側カウンターに、なんとか席を確保。
周りの皆さんは早くも「ビール」「お酒」「熱燗」と
矢継ぎ早に注文し始めています。
c0110550_2237045.jpg

出だしから生存競争の激しさに、早くもたじたじとなる私達。
遅れまいと、お店のオネエさんに飲み物をオーダー。
さて・・・やっとひと安心?いえいえ、ここで油断は禁物。
何を食べるか選ぶのが、初心者にはまたひと苦労!
だって、ね・・・これですもん!!
c0110550_22523725.jpg

こんなに沢山(この両脇にもずらっとメニューあり!)のお品書きから
一体どうやって選べと!?
実はそんな事もあろうかとめずらしく下調べをして、
メモまで握りしめて来ましたよ。
こちらでは暗黙のルールがあるらしく
最初はお刺身など生ものからの注文になるそうな。
予習の甲斐あって、ひと品めからすんなりと注文へ。
「すみません~あわびひとつお願いしまーす!」
c0110550_232221.jpg

おおっ!鮮度も良くって、こりっとした歯ごたえがいいですね~♪
あっというまに無くなって、次の注文は・・・?
周囲でやたらと見かけた「中落ち」が気になりますねぇ。
「じゃあうちも同じ物を」
c0110550_23135020.jpg

ああっ、しまった!肉厚でほどよく脂が乗ったまぐろが美味しくて、
写真取る前にパクパクと。
これで430円也!皆さん頼む訳ですね。

所が、さらにビックリな目玉商品が「あら煮」
な・な~んと驚愕のワンコイン!
コインはコインでも、驚きの50円!
c0110550_23265275.jpg

甘辛く煮付けられた「あら」
無性にご飯が食べたくなるのは私だけじゃないと見た!
残念ながらここは居酒屋。メインは飲みにつき、当然夢叶わず・・・
そんなご飯党には更なる試練が待ち構えているとはつゆ知らず、
頼んじゃったのが「カキフライ」

おーいしーいっ!

c0110550_23411243.jpg

もうね、ぷりぷりの大きな牡蠣そのものがものすごく味わい深くて美味しいんです。
それをふっくら半なま程度に火が通るくらいに揚げてあるので、
ひと口食べると牡蠣の濃縮された旨みがジュワーッと広がって!!
これまで食べた中で間違いなくNO1の牡蠣フライでした。
邪道とは知りつつも、ご飯と一緒に食べたかったなぁ・・・

そんな美味しい余韻にひたる間もなく、ラストの天ぷら2種がどどーんと登場。
ふんわりとした白身のメゴチと、気になった蝦蛄。
c0110550_23534844.jpg

こんなに新鮮で美味しい魚介類を思う存分味わって、
ビールと日本酒も飲んでお会計が3千円ちょっと。
東京でも探せばあるもんですねぇ~
牡蠣のあるうちに、ぜひ再訪したくなりました魚三酒場。
 
再訪といえば、門仲にはリピートしたくなるお店が一軒。
c0110550_011585.jpg

本当は内緒にしておきたいくらいですが、
ここのシブーストにはまってしまって・・・

ビターなキャラメルをパリっと崩すと下には、
爽やかなオレンジ(普通はリンゴですよね)を包むふわプシュメレンゲと
バターの風味満開のさっくりパイ。
一緒に頂くと、お味と食感の相乗効果にやられます。
人気なので、早い時間帯に行かれるのがよろしいかと。
c0110550_09283.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-04 22:34 | 食べ歩き江戸川・江東
友人と晩ご飯をご一緒しましょう~と約束したのが、
お互い美味しいお店の情報がよく分っていないエリア。
さあて・・・こんな時はどうしましょう?
無難な路線かな?と、チェーン店ではありますがサルバトーレクオモという、
ナポリピッツアのお店を選んでみました。外観はさすがにオシャレ~
c0110550_23264467.jpg

ナントカの一つ覚えと言われましても、
イタリアンでははずせないブラッドオレンジを飲みながらオーダー会議。
c0110550_23274787.jpg

旬が気になる野菜作りはもはやプロ級のCちゃん、予感が的中です。
マリネ風であっさりしたトマトサラダ、悪くはないのですが
トマトの美味しい季節に頂いたらもう少し違った印象だったかも。
c0110550_23295491.jpg

数ある中から、ピザはCapricciosa( 気まぐれピッツァ)
トマト・キノコ・アーティーチョーク・プロシュート・モッツァレラ・バジルと
具の種類も多く、とにかく迷った時はコレ!な万能選手と言えましょう。
ここのはもっちりとしたナポリ風。食べ応えもバッチリです。
c0110550_23281762.jpg

お喋りするにも、ピザって邪魔にならなくて便利。
おっととと・・・
うっかりするとチーズがとろり~んとこぼれるのが要注意なのですけどね~
c0110550_23291181.jpg

焼き目も香ばしいソースはポルチーニの風味全開!
ペンネのこういう食べ方は初めてでしたが、
この時一番美味しかったです。
c0110550_23305086.jpg

話しても話題が尽きず、別バラタイムに突入する私たち。
ショーケースで目立っていたモンブランと、
c0110550_23311453.jpg

定番のティラミスを前にして、別な話題へとさらに展開。
今宵はこのくらいで、また次回場所を変えてお会いしましょう~と、
美味しいものを頂く機会が増えて嬉しい帰り道なのでした。
c0110550_23313025.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-21 23:27 | うまうまの記録

あえて冬に北海道

北海道に住んでいる友人がこんな事を言っていた。

「本当に北海道が好きな人は、冬に訪れる」と。
c0110550_23174038.jpg


その時はええ~っ!そんな寒い時期になぜ???と思った。
それから雪祭りを目当てにとかスキーをしにとかで冬に訪れた事もあったが、
滑っている以外はやはり寒い!という思いが強かった。
c0110550_20494115.jpg

なのに、今回は凍えるような寒さの中で
何度も何度も「きれいだなぁ~」と見とれてしまう場面のなんと多かった事か。

たとえばそれは朝日のなかで白く輝く大雪山だったり、
c0110550_20554874.jpg

駅で見上げた青絵の具をぶちまけたような空だったり、
c0110550_20564896.jpg

きらきらと光るオブジェのような雑草だったり、
c0110550_20462556.jpg

マイナスの世界なのになぜか暖かみを感じる風景の数々。
c0110550_2330543.jpg

季節が違えばなんでもないだろう風景ですら、美しいと思える、
モノトーンの世界にふんわり掛けられた白と青空のコントラストの鮮やかさ。
c0110550_014320.jpg


ふと頭に「雪化粧」という言葉が浮かぶ。
そうだったのか・・・
今目にしている景色は、雪でお化粧している姿。
人も風景も綺麗に見えるのは変わりない。
昔のひとはほんとうに上手い言い回しを考えたものですね。

不思議なもので日が経つにつれて氷点下の空間にも慣れてくる。
そうすると、ぴんと張り詰めた寒さがなんだか心地くなってきます。
c0110550_23513948.jpg

宿もハイシーズンとは違ってしんと静かな雰囲気。
c0110550_0151979.jpg

思いがけず、北海道ならではの節分にも遭遇。
落花生で豆まきの後は、六花亭の恵方巻ロールで春を呼ぶ。
北の長い長い冬の後にやってくる春。喜びもひとしおなのでしょう。
c0110550_012662.jpg


さて最初に戻る訳ですが、
結局友達は笑ってその理由を教えてくれなかった。
答えは自分で探してねと言う事だったのか・・・
でも、ちょっとその理由にふれることが出来たかな?と思うようになった。
c0110550_061448.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-07 14:40 | 北海道をゆく
帯広と言えばお菓子の町。
お菓子の町と言えば帯広というくらい、
スイーツ好きにとりましては「聖地」にやって来ました。
c0110550_1946937.jpg

数あるお店の中でも、三方六で有名な「柳月」
c0110550_19562497.jpg

もはや本店は観光名所と言ってもいい「六花亭」の2大派閥、
ご存知の方も多いかと思います。
c0110550_19462814.jpg

そしていよいよ・・・
c0110550_19464131.jpg

ようやく長年の夢、六花亭本店でサクサクタルトとご対面~~♪
(まだ行った事なかったの?と旅人さん達に笑われそうですが・・・)
季節限定チョコバナナ。この愛すべき組み合わせにたっぷりカスタード!
美味しくない訳がありません。
タルトのサクサクホロッという食感も最高でした。
c0110550_19465746.jpg

1階ではスタンディングですが、イートインもOK。
お菓子と一緒にセルフサービスのコーヒーも頂けます。
サービスと言えどもきちんと入れてあるのがこちらの度量の大きい所!
そんな六花亭が大好きだ~~~おまけにバレンタインのディスプレイもカワイイー!
お店だと迷惑なのでここで叫んでみました。
c0110550_22245949.jpg

翌日はこれまた憧れの本店2階「喫茶室」に、
ランチを兼ねて行って見ました。(好きになるとしつこいタイプ?)
ランチと言いいましても食事系はホットケーキを始め、さほど多くはありません。
じゃあ決めるのは簡単ねーと思うのはまだ早い。
メニューを見たら、何だーこの充実ぶりは!!!なんですねぇ。
おまけに理性がふっとぶ値段設定。
頼みすぎないように!というのは無理というもので・・・

まあ待っている間にみかんジュースでも~
ひと口飲んだら爽やかな香りとフレッシュで濃厚な味が広がって、
お、おいしい・・・! 一気飲みしないうちに写真写真~
c0110550_2072123.jpg

あっ!来ましたよー。何気にうまいのがここのピザ。
月替わりピザは帆立と菜の花。春らしいトッピングが華やかで可愛らしい。
旨みのある帆立がわき役に感じられたくらい、
柔らかい菜の花がほろ苦くて、春そのものの美味しさです。
c0110550_19472135.jpg

とろ~んとチーズもくせが無くて飽きがこない。
生地はぱりっ・もっちりしたタイプ。厚すぎず薄すぎずで丁度良い感じ。
2人で大きいサイズ1枚を頼みましたが、
この後が無かったらもう一枚追加したかったというのが本音~
c0110550_19473333.jpg

笑顔がステキなお店の方に(おにーさ~~ん、見てますかー)
なにやらサーブして頂いたのは・・・
c0110550_2075436.jpg

黄金色に輝くマンゴーのティラミス!
サンドされているのは「パイナップルチーズクリーム」
いちいち旨そうなので、もうこの辺で壊れ始めてます私。
ティラミスやイチゴのティラミスでも同じようにサーブして頂けるらしいので、
セレブ気分で盛り上がりたい時にはぜひお試しを~!
c0110550_2015235.jpg

怒涛のスイーツ祭りでしたが、〆はやはりソフト。
(シメといいつつまだ食べるか・・・)
気品あふれる清楚なお姿!
頂いてしまうのがもったいのうございます~
ふわ~っと広がる濃ーいミルクのお味と自然な甘さがなんとも言えません~♪
口どけもなめらかで「品格のある美味しさ」のソフトクリーム、
ミニサイズといえども驚きの180円!うれしくて涙が出そう・・・
c0110550_2011460.jpg

まるでホテルのように端正な空間とスタッフのステキな笑顔に、
とても気持ちの良い時間をプレゼントしてもらえた事、
いつまでも忘れないでしょう。

出口ではこんなお見送りが。
美味しかったワン!と言ったかどうか・・・ともかくご苦労さんです!
c0110550_20124552.jpg

おや?最後は鹿までお見送り?寒い中悪いわねぇ~
せっかくだから記念に1枚撮らせて~!
c0110550_20252396.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-02-04 22:31 | 北海道をゆく