忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お肉屋さんが母体のため、
美味しいステーキが格安で頂けるレストランが那須にある!
と、TV番組を見て一度訪れたものの
とんでもない行列にすごすご退散!!
後に大行列のお店のごく近くに支店があった事に気付き、
「よし!次回はそちらをターゲットにしよう!」と満を持しての再訪です。
・・・いくらなんでも2年ぶりって満を持し過ぎのような気もしますが。
c0110550_22365959.jpg

11時半を少し回った頃に到着してみると、既に5組ほどが待っている様子。
店内に空席があるところから無理にはつめこまないのかも?
入り口の所にもメニューがあるので、
何を食べようかな~なんて考えながら待つのも悪くありません。
c0110550_22403975.jpg

レストランの前には売店があったので、そこで時間をつぶそうとしたら・・・
極上の牛スジが800グラム2000円のお値打ち価格で売られているのに惹かれ
まんまと大散財!
ですがこのお肉、牛スジと言いながらほとんどお肉ばっかりなんです!!
しかも刺しが入りまくりでー。
家の圧力鍋でごぼうと炊いたら、ほっぺが落っこちるかと思うほどの旨さでした。
c0110550_22394946.jpg

売店が想像より楽しかったのでそんなに待った感も無く店内へ。
お持ち帰りの冷凍メンチが気になったので、
ランチセットのほかに単品でお願いしてみました。
ビーフメンチってのがプチリッチでよいなぁーしかも1枚150円と値段は庶民派です。
揚げたてでとめどもなく肉汁がじゅわじゅわしてますよ~♪
c0110550_22504829.jpg

老公はちょっと贅沢にとちぎ和牛のサイコロステーキセット。
ひと口味見させてもらったのですが、お肉はとろけるようないいお肉でした。
あまりに脂がのりのりなので150グラムと言えども
最後には老公もこたえていた模様。
c0110550_2242310.jpg

私はコスパ重視で国産牛のサイコロステーキセット。
これにごはん・お味噌汁・サラダが付いて1100円ですよー奥さんっっ!!!
こちらも大ぶりにカットされたステーキが目をひきます。
見た目もスーパーのサイコロステーキとは全然別ものー!
もちろんお味も美味でした。お肉がほどよくやわらかくて脂の乗り具合も上品だし。
もーこっちの(安いほうの)ステーキセットで十分だよ!
・・・っていうか私にはこちらのほうががぜん美味しく感じられました。
c0110550_22422534.jpg

で、気が早いですが次のターゲットは下から3番目。
売店の牛スジももちろんガッツリ買い込む予定です。
どんだけ牛スジの煮込み好きなんだか~
c0110550_2314324.jpg

・・・よーく見るとステーキ以外もお値打ちラインナップなのね・・・
[PR]
by ilformosa | 2008-11-05 22:16 | うまうまの記録

一年分のカキを補充~

美味しいものを良くご存知のAさんから、
カキ料理を食べに行きますがご一緒にいかが?と嬉しいお誘いを頂いた。
何でも前回カキが品切れだったので、リベンジの再訪なのだとか。
うーむ・・・リベンジに足を運ぶほどの牡蠣料理!!
いやがおうにも期待が高まります。
c0110550_23211255.jpg


めずらしく合流出来る勤務態勢だった老公も参加して、
旅仲間のお2人と合わせて5人のカキ三昧が始まりました。
それぞれ生ビールやブラッドオレンジジュース(またかいっ!)で乾杯の後は、
わいわいとオーダー会議。
メニューの牡蠣料理をもれなく注文するという、お大名のような展開に!
c0110550_23201751.jpg


・・・どどーんとやって来たお料理たち。テーブルからはみ出しそうです~(歓)
カキの酒蒸し。
家では絶対に出せないこのコク、火の通し方、深い味わい。
絶品ですっっ!
c0110550_2235857.jpg


あつあつとろとろ~、カキのクリーム煮。
牡蠣とクリーム系のソースの相性、最高ですよね~♪
c0110550_2237367.jpg


フライした牡蠣をデミソースで頂くカキのブラウンソース。
ガツンとパンチがあってボリューミー。
優しいお味の流れの中で、アクセントになる一皿でした。
c0110550_22373778.jpg


王道カキフライ。
大きくて風味豊かな牡蠣の美味しさをぎゅっと閉じ込めたフライ。
まろやかなタルタルソースをたっぷりつけて頂くと、美味しさが更に増して・・・
c0110550_22382279.jpg


カキグラタン。同じクリーム系でも、香ばしさが加わるとまた印象が変わります。
レモンがプラスされた事で感じられる爽やかな酸味の効果で、あとを引くひと皿。
c0110550_22401162.jpg


ゆで卵がいい仕事しているミコサラダ。
あっさりしたサラダも、ひと味違うEAT風。
c0110550_23172914.jpg


自分の語彙の少なさでは充分に説明が出来ませんが、
とにかくどれもこれも美味しい牡蠣食べnightでございました。
c0110550_22395622.jpg


もちろん食後の別バラ、オレンジのシャーベットもまんべんなく堪能。
人数そろえて行くと洋食屋さんも楽しみ方が広がるのですね~
c0110550_23225858.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-08 22:44 | うまうまの記録
今日で横山大観展が終わるので、
招待券を無駄にするのもねぇ~と国立新美術館へ出向いてみました。
c0110550_2245995.jpg

そろそろ混雑も落ち着いたかな?と思いきや、
どうしてどうしてなかなかの人出。
さすがは日本画の大御所「大観センセイ」の効果は大きく、
展示室は絵を見にいったと言うより人を見に行ったという方がぴったりです。
c0110550_22252956.jpg

西洋の絵を見る機会には恵まれていたのですが、
こと日本画となると本当に何が何だか!
素晴らしい絵なのだろうという事はおぼろげに分るのですが、
混んでいる会場を1時間ほどさーっと流して終了。
まさに「豚に真珠」「猫に小判」を地で行ってます。
でもって感動が大きかったのは建物自体。
c0110550_22274475.jpg

余計な装飾が無いシンプルな空間はどこかの空港のよう。
円錐形を逆さにしたコンクリートの塊。
圧倒されるような存在感がありますがこれは一体何?
c0110550_22212514.jpg

そう、中空に見えていたのは
明るい日差しを受けながらお茶するのもいいなぁ~と思わせる
サロン・ド・テ ロンド。
c0110550_22284020.jpg

そして、相変わらず人気のレストランブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ。
平日の1時過ぎても並んでる方々をちらりと見ながら通り過ぎる私達。 
並びたかったよー出来る事なら!
c0110550_22215628.jpg

でも・・・ここに来る前、ついふらふらとミッドタウンに入って
c0110550_2230132.jpg

落ち着いた雰囲気の中を探索してたら、
c0110550_22305017.jpg

トンカツ好きなら一度は詣でておかないと!なお店を見つけてしまい、
すかさず突入してたりする訳で・・・
c0110550_22312751.jpg

お肉のジューシーさがもう少しほしかったかな?
という思いがありましたが、全体的にソツの無いひと品でございました。
ですので並ぶお店は次回の宿題っ。
c0110550_2231126.jpg

[PR]
by ilformosa | 2008-03-03 21:55 | 日帰り旅
前々から、西葛西に一軒ばかり気になるとんかつ屋さんがある。
それは「とんかつよしみ」
バスを使うのもちょっと微妙な距離。
我が家からだと車が一番便利なのだが、
駐車場があるのかどうかも定かではない(電話で聞こうよ~自分)
お天気もいいし、お店のある西葛西一丁目は
行船公園からはほど近いので、紅葉を楽しんだ後
カロリー消化を兼ねてお店まで歩いて行くことにした。

ほどなく幹線沿いのお店を発見。
実は、何度かこの前を通ったことがあるはずなのに
全く目に入っていなかった。
それは、店構えがあまりにも普通すぎたためかもしれない。
c0110550_072787.jpg

中は小上がりが4卓とカウンターという作りで、
こざっぱりしていますがこれまたどこといって特徴があるわけでもない。

ですがお昼の時間はとうに過ぎているにもかかわらず、
お客さんはまだ4組も。何を頼もうか考えている間にもぽつりぽつりと何組か入店。
もくもくとトンカツを揚げている親方。
いやがおうにも期待が高まるっていうモンです。

さて、各種トンカツの定食が充実している中
とんかつ定食とヒレかつ定食(一応メタボ対策?)を頼んでみました。
絵的にはほぼ同じですが
こちらとんかつ定食
からりとあがった衣は厚くも薄くもなく、
口の中でささることもないさっくりした丁度いい硬さ。
程よく脂のある豚肉はジューシーでやわらかい。
嬉しい山盛りキャベツとごはんも、モリモリいきたいところです。
一緒についてくるとん汁がまた、豚バラのいいダシがきいてておいしかった!
c0110550_233904.jpg

で、ヒレかつ定食がこちら
こちらもほどよい衣にぴったりはりついた厚切りの豚肉は、弾力がありかつふっくら。
しかも、肉の旨味がストレートに伝わって来る。
お肉そのものが厳選されたのものである事は、間違いありません。
絶品のヒレかつでした!
これほどの厚いお肉を、硬くならないようにカラリと揚げる親方
やはりただものではない!
c0110550_23392789.jpg

同じエリアの有名なとんかつのお店では、
どうしても衣が重くて残してしまったのですが
よしみのとんかつは気づいたら全部ぺろりと平らげてしまいました。
我が家では揚げ物をほとんどしないので、再訪必須の一軒と言えましょう。
[PR]
by ilformosa | 2007-12-01 21:36 | 食べ歩き江戸川・江東