忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

食べ応え満点!あらきそばのうすもり

温泉好きの友人がプッシュしていた東鳴子の温泉旅館。
GW直前に電話したら、運良くこの日はお部屋が取れた。
外環はひなびた風情の建物。さて、中はどんな風になっているのかな?
c0110550_22282016.jpg

外観からは想像もつかない、明るく広々~としてぴかぴかに磨き上げられた館内にびっくり!
おまけにバリアーフリーなので、ちょっと足腰がね~といったお客さんにもやさしいのです。
c0110550_22284395.jpg

お部屋の数も多くないので、食事も落ち着いて頂けるようです。
たまたまこの夜は、10名くらいのグループがいてにぎやかでしたけどね。
いわゆる温泉旅館の食事よりはすこしカジュアル。
丁寧に作られたアットホームなお膳が、ほっとする感じでよかった。
c0110550_2239411.jpg

食後には、苺ヨーグルト。そう、このくらいの量がまた嬉しいんです。
なんというか、すべてがほど良く心地よい。そんな印象のお宿。
c0110550_22535048.jpg

独特の黒いお湯がこれまたいい温泉で。熱いかな?と思って入るとそうでもなく。
きりっとしていて、肌触りはつるつるしています。
こんないいお湯がざば~ざば~っとかけ流されて、贅沢この上ない温泉タイムでした。
c0110550_2229382.jpg

旅疲れ湯疲れでぐっすり眠ったら、翌日は快晴!
自宅では、めったに登場しない「正しい日本の朝ご飯」をもりもり頂いたら、
いよいよみちのく二人旅最後の大目的地山形へ。のどかな風景に癒される~。
c0110550_22543284.jpg

山形といえば蕎麦。今日は鳴子名物栗団子も赤倉温泉に入るのも我慢して
(と言いつつしっかり大栗饅頭など購入~)村山そば街道へまっしぐらー!
c0110550_1729185.jpg

ここの「あらきそば」は、蕎麦好きなら一度は耳にした事があるのでは。
駐車場にあふれる車は、その店が特別な場所である事を物語っています。
c0110550_1729369.jpg

タイミングよく席に着いたら、早速名物うすもりを注文。
待っている間は、最近こういうパターンによく遭遇する、
先に出てきたおかずを頂くスタイルで。
味がしみしみに煮含められたお揚げ、素朴だけどおいしい!
c0110550_1730789.jpg

お待ちかねのお蕎麦。
「うすもり」とはいえ量はけっこうなものでして。
太めの十割そばは歯ごたえがあり、かむと濃厚なそばの風味が広がる。
じわじわとおしよせる甘味とわずかな苦味が、返しとともに箸を進めさせる。
個人的には、なめらかな二八蕎麦が好みですが、
力強い田舎蕎麦とか、十割蕎麦好きにはたまらないんでしょうね。
c0110550_17303585.jpg

急に決まった6連休。ゆったり北東北の春を満喫できて、楽しかった。
一生懸命走ってくれた車と、もくもくと運転をしてくれた老公、
ほんと~にお疲れサマでしたーーー。
c0110550_1731581.jpg

[PR]
by ilformosa | 2007-05-07 23:26 | その又奥の細道~みちのく旅