忘れた頃に更新&コメント欄閉鎖中です。


by ilformosa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大雪山で紅葉トレッキング~赤岳登頂?その2

依然「THE青空」が続きます。ナナカマドの赤が目に染みるよぅ~~~
c0110550_2319278.jpg

次に目指すのはコマクサ平。
この辺りでも、葉はまだまだ落ちていない。
c0110550_23205036.jpg

キレイに色づいた状態をキープしている。
c0110550_23213330.jpg

と思ったら、さすがに一部は終わっている所あり。
この風の中、良く頑張っているよエライエライと声に出さずほめて見る。
c0110550_23211177.jpg

足元にも見逃せないウラシマツツジの紅葉あり。
よ~~~く見ると、赤一色ではない微妙なグラデーションがけな気ではありませんか!
c0110550_23215077.jpg

この写真からは、はっきり分からないのですが
コマクサ平ではさえぎる物が無いためモロに強風攻撃を受けまくる。
・・・マジで前に進めん・・・
ここはその名の通り、夏はコマクサが咲き乱れるトコロ。
うっわ~~見てみたいーーー一面の駒草!
c0110550_23223988.jpg

神の田んぼでは水面に細かなさざ波が立ち、
c0110550_23222633.jpg

紅の葉は白々しくひっくり返り~
c0110550_23485611.jpg

もうどーにもこーにも風がおさまる気配は一向に無く・・・
c0110550_23491384.jpg


そんな状況でもお腹は空くわけで(じゅん君?)
強風の中のランチターイム。

お世話になっている宿では、
前日の夜までに頼めばおにぎりを作ってくれるのです。
日本人たるもの、山ではおにぎり!派には嬉しい限り。
おまけに泣かせるじゃありませんか!こんな一言が添えてありますよ。
c0110550_23225424.jpg

くぅ~~~ウマイ!!!うますぎる!
こんな大きなおにぎりが、あっという間に無くなりました。
ゆわんとのご飯は本当にオイシイ!そしておいしいご飯はさめてもウマイのだ!
北海道のお米も美味しくなったよね~とは老公の冷静な感想。
(黄色いとこはおかずのタクアンの名残りなの~)
c0110550_2323776.jpg

お米は何を使ってるの~?と宿主さんに聞いたところ、
「ほしのゆめ」とのお答え。
・・・北のお土産の一環として、「お米」というのもありだな。

この時期に何度か来ている老公は、
第三雪渓でこれ程いい状態の紅葉が残っているとは思っていなかったらしい。
霜や雪にやられてなかったのかな~と、かなり満足気。
私に向けた事もないような熱い視線で(自爆)
食い入るように見ているではあ~りませんか~
c0110550_23493711.jpg

とは言うものの、
あまりの風の強さと、これより上に行ってもキレイな紅葉が残っているのか?と、
ピークハンターじゃないからこそ可能な判断のもと
今回の赤岳登山は第三雪渓の紅葉を見上げるあたりで撤退決定~
c0110550_23495317.jpg

帰り道は急ぎ足で通り過ぎ・・・られません。やっぱり同じ構図で写してしまうんだこれが~。
層雲峡の上にはまだ雲がありますね。
c0110550_23513699.jpg

日が陰ってきて、やや暗めの銀泉台。
とはいえ、まだまだ大勢の人が登って来ます。
c0110550_23514985.jpg

ちょうど来たバスが臨時扱いとなり、ぎゅうぎゅうに詰め込まないで即発車。
ほとんどのお客さんがゆうゆう座って駐車場まで。
(後で聞いたら、その後バスの時間が微妙にずれて大混雑したとか。
連休でこの天気ですもんねぇ・・・いやいや間一髪でした。)

下山後のお楽しみと言えば、ハイ!おっ風呂~~♪(小島よしお風にねっ☆)
友人から譲ってもらった温泉本の無料クーポンが使える層雲峡の「朝陽リゾートホテル」へ。
ドカーーーンと立派です。
広~い内湯はほんのり硫黄の香りのお湯がなみなみとあふれており、
大きな窓の外には雑木林。さながら森の中で入浴をしているようで気持ち良過ぎ~~~!
c0110550_23521434.jpg

宿の近くでながめた夕焼け空。
明日も晴れそうだし、高原温泉沼に行こうかそれとも黒岳にしようか・・・
この時点でまだ迷っている優柔不断な私たちなのであった。
c0110550_23522861.jpg

[PR]
by ilformosa | 2007-09-22 21:11 | 北海道をゆく